2017年04月02日

私と音楽とDavid Bowie

IMG_20170210_173355.jpg
David Bowieファン歴37年
来週は、おそらく最後になるDAVID BOWIE isに出かけます。

私が子供の頃、父が楽士やっていました。
楽士って…(笑) トランペット奏者。

当時、夜中(といっても22時頃)に酔って帰ってきた父がジャズのレコードを大音量でかけて、母がキレてるようなお家でして、耳にタコができるほど父の好きな音楽を聞かされてましたね。

音楽は父の生業であって自分にとってさほど重要なものではありませんでした。
だから未だに楽器のひとつもできません。
けれど、子ども時代の吸収力というのはスゴいもので、リズムや音程は園児の頃のほうが良かったし、そういう環境にあったため耳は肥えて身体に沁みついていたのだと思います。

当時、音楽教室でオルガンを習う子がたくさんいました。
幼稚園の音楽発表に園児がカッコーワルツを演奏するのですが、私は当時ぜんそくで休んでばかりいる園児でしたので、知らない間にパートが決まっていました。何のパートだったか…記憶にないのですが。

大太鼓のパートを受け持つ園児は一人。先生たちは誰にするか試行錯誤していたようでしたが、誰も彼もきちんとリズム通りに叩けないのです。
何で?
オルガン教室に行っているような子たちが誰一人できずに、私は結構イライラしてました。
リズムに乗れないことが理解できなかったからです。

その後、どうしてそうなったのかはわからないのですが、影の薄い私が選ばれました。
大太鼓で姿が見えないくらいちびっ子だった私が嬉々として演奏していたのを、ビデオに撮れなかったと大人になっても父が嘆いていました。
当時の私にとって太鼓のリズムなど雑作もないことでした。

小学校に入ってみんなで歌を歌うとき、無意識にいつも片足でリズムを取っていました。
それをみていた隣の男の子が「かっこつけるんじゃねえよ」と言ってきたのです。
?
その時も全く理解できずに…でも、勝手に動いていた足を意識的にやめることにしました。
今では考えられないくらい引っ込み思案で臆病な子どもでしたから。

当時は、歌謡曲全盛期の時代。
天地真理、麻丘めぐみ、南沙織…そういった女性アイドルがもてはやされる中、私が密かに好きだったのは、青江美奈とか奥村チヨといった大人の歌手でした。
そういう人たちの方が表現力があって上手かったからです。
でも、人と違うと何をされるかわからないと学習していた子どもだった私は、麻丘めぐみのファンということにしていました。なぜ麻丘めぐみだったのかは、兄弟や従妹と誰ともバッティングしなかったからだと記憶しています。

フィンガー5が出てきたのはそんな頃で、当時の子どもたちは熱狂しました。
私もその中の一人でしたが、アイドルだからというよりも子どもなのに上手かったからでした。
なのでピンクレディにはハマりませんでした(笑)

中学生になって5教科は成績が取れず、体育、音楽、美術で点数を稼ぐ勉強嫌いによくあるタイプでしたが、
合唱コンクールでソロソプラノをしたおかげで成績が上がり高校受験に有利になり、父の生業のおかげだったと今では思っています。

お年頃になって好きになったのは邦楽よりも洋楽。
Bowie熱のきっかけは、耽美派少女マガジン「June」だったと思います。

姉の影響と一緒に同人誌をやってた幼馴染の影響で、Bowie、JAPAN、YMO、Eno、バウハウスなんかにハマってました。

冒頭でバウハウスが出てくる「ハンガー」は映画館で絶叫しました。(迷惑…)

豚を抱えたBowieが見たくて「ジャスト・ア・ジゴロ」に行き、教授も出ている「戦メリ」はもちろんBowieが出ているだけで「クリスチーネ・F」や「最後の誘惑」も見逃さず。

当時は、レンタルやでレコードをカセットにコピーするのが常でしたので、次々とライブラリーが増えて行きました。

中でも好きなアルバムは「LOW」
ベルリン3部作が好きだったので、サイケなジギー時代は当時受け入れられませんでした。
男が美しくて評価される…そういうバブルな青春時代でしたのでね。
地球に落ちてきた男のフィルムでは、この上なく美しい…本当に宇宙人のようでした。

Bowieは、その時々で色んなキャラを持っていたので、どこ時代にハマったのかでファンの層は多彩です。
世界的なヒットになったレッツ・ダンスから、ファンとしてはちょっとトーンダウンしたものの、ヒット曲演奏が最後になるとウソぶいたBowieに惑わされ、東京ドームに行った一人です。

初日は彼のコンディションのために酷いライヴでアンコールもなく「行くんじゃなかった…」と愕然としたのを覚えています。

年と共に音楽を聞くことも無くなった頃でも、唯一新譜を買い続けていたのが Bowie。
そして高額にもかかわらず写真集も購入してました。
Webも無く情報が少なかった頃でも、ちょこちょこBowieの新情報を目にしていたのがなぜなのか、嗅覚としかいいようがないくらい。

久々に出したアルバム「ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ(Black Tie White Noise)」で、いやいや、違うだろう…と悲しくなり、私的なウェディングアルバムだったんじゃないか…と、自分に言い聞かせました。
次こそは、と「アウトサイド(outside)」に手を出したものの、そこもまだ機が熟しておらず。

そしてREALITY TOURでずっとこの人追っかけてて良かった(涙 とBowie熱が再燃するのです。
たぶん多くのファンがそうだったように。

このRealityを含めたそれ以前の3つのアルバムは、REALITY TOUR前に急いで買い集めた記憶があります。
アースリング Earthling、アワーズ… 'hours...' 、ヒーザン heathen

中でもサーズデイズ・チャイルドThursday's Childは泣けました。
https://www.youtube.com/watch?v=u4DzdUEiyL8
Monday Tuesday Wednesday born I was Thursday's child
私もまさしく木曜生まれの子どもでしたから、なおのこと。

東京ドームでのトラウマから少しの不安を抱えつつ、REALITY TOURに行った私は狂喜しました。
だって予想以上のライヴでしたから。
ライヴ中、私は彼の年齢からもう次はないかもしれないと、彼の一挙手一投足を逃さずいようと、ずっとオペラグラスから目を離しませんでした。(ド近眼なのでなおのこと…)
すると中盤、彼がこちらの客席に向かって望遠鏡を手で作り、指をさしたのです。

えっ! 私か? そんなわけないけど…(笑)
なんだか、そんな風に見てないでちゃんとライヴを音楽を楽しめよと言われているように思えて、そんな自分をちょっと恥じていましたね。

彼のステージは、昔のように派手に作り込まれたものではなく、望まれた歌を、今、ここにいる人たちと共に楽しむライヴだったように思います。

そして彼の歌を聞きながら思いました。

あぁ、彼はひとりの人間に戻れたのだと。

彼はアーティストとして成功を収めましたが、常に時代と共に変化するカメレオンとしての、DAVID BOWIEが付いて回りました。

始まりはジキーでしたが、そのキャラクターとの決別は、次なるキャラクターを生む苦しみが常に付きまとったのではないかと思います。
表現者として違う自分になることで、David Robert Haywood Jonesを覆い隠す日々に終止符を打てたのは、妻イマンの存在だったのではないかと。

もちろん表現者としてのDavid Bowieが彼の中にいなくなったわけではなく、違うキャラクターを演じる必要がなくなったのだと。

それまでのDavid Bowieは、本当に宇宙人であり、きっとそのままでは、老いることも死ぬことも許されないような業を抱えていたように思います。

こんなにも人間に戻れたDavid Bowieに会えたことだけでも、REALITY TOURに行った甲斐があったというもの。
この2004年から、またBowieの追っかけ行動が始まったのでした。

つづく
posted by メイ・シオン at 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | D.Bowie&music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

なんとムービーが…DAVID BOWIE by MICK ROCK

IMG_20170310_201737.jpg IMG_20170310_231654.jpg IMG_20170310_231000.jpg
ワシントン州に住む幼馴染に英国経由で買って贈ってもらった、
誕生日プレゼントのBlackstarのTシャツ着て、
金曜仕事終わりにDAVID BOWIE by MICK ROCKに行ってきました。
入場料500円でバッチもらえます。

今年は、彼を追いかける時間に糸目をつけてません。
というか、もう二度とないだろうと焦るような思いで巡っています。

MICK ROCKの作品も、既に色んなとこで目にしてる写真だろうな…
なんて思いながらそれでも行ったのです。
DAVIDに埋もれるためにね。

しかし、その思いは良い意味で裏切られました。
なんと、2002年MICK ROCKのスタジオでの撮影シーンムービーが、
世界で初めて公開されていたのです。

ああ、動いてる。笑ってる。
フォトジェニックの彼の表情がクルクルと変わります。
ニューヨーク住んで歯の矯正してからは笑顔も冴えてます。

そして何よりこのスクリーンの中では生きてる。

また泣きそうになってました。

残念なことに、会場に着いたのか閉館の40分前。
このムービーは60分。
全ては見られず(T_T)

MICK、このムービーのDVDおまけつけて近年の写真集とともに売り出してもらえないかな。
ムービーの版権とかで難しいか…

今回、展示と販売もされている写真の載っている、
2015年9月に出版されたジギー時代の写真集
「The Rise of David Bowie 1972-1973 (with David Bowie)」のサンプルが2冊。

その順番待ちをしている間に閉館時間に…
でもね、それを待っていた他のお姉さんとともに最後の客となって、
しっかり全ページ見てきましたよ。

同じくBowieの写真で有名な鋤田氏の写真集はとても手が出る値段でなかったけど、
10,584円だったら買えるかもね…

まだ若いあどけなさも残るDavidの寝顔の写真は初めてみた。
どんだけ出費するんだ今年…(/ω\)
うん、もう一度考えよう。

あと2回は、David Bowie IS行きたいし。

会期は2/13まで。
VACANT (東京都渋谷区神宮前 3-20-13)
入場料 : \500 (バッジ付き)
http://www.vacant.vc/davidbowiebymickrock

∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
こころと体 ホリスティックな癒し探求
アロマセラピー、セルフ・カウンセリング、セルフ・ヒーリング
心とからだを癒す アロマヒーリングフレグランスセラピー
セラピーと各種講座 アロマシオン http://aromasion.maysion.com
アロマテラピーアドバイザー資格認定教室 アースシオン http://earth.maysion.com
セラピストのためのWeb制作 ホームページセラピー http://hpt.maysion.com
∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
posted by メイ・シオン at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | D.Bowie&music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

アロマ&花療法 心理テストで創る香水のリーディング

AHFリーディングサンプル.jpg
3/5は横浜 弘明寺で、3/12は調布国領でアロマ&花療法 心理テストで創る香水講座を行います。
詳しくはこちらへ
アロマ女子大イベント 心理テストで創る香水-アロマ&花療法講座 2017

こちらの講座では、心理テストを用いてレシピを決めます。
その心理テストで導き出された精油とフラワーレメディ(花療法)には、どんな意味があるのか…
そのリーディング(解説)も行っています。

今回は、リーディングは別料金で1,500円で承ります。
リーディング込で行いたいところですが、それは要らないという方もいるかもしれない。
それよりも安い方が良いという方のために別料金といたしました。

もし当日作ってみて知りたい場合はチョイスできる方がよいのかなと思いまして。
このリーディングは、創香した後に記すので後日送付となります。

実はこの作業が一番大変なのです。
それぞれの精油やフラワーレメディが導き出されたのには意味があります。
その場で説明するという方法もありますが、参加者が多ければ時間の都合上おざなりになってしまいますし、
そもそも自分のことを他の人に聞かれるのが嫌な人もいるはずです。
心理はとても個人的なことですからね。

また、その時はわかった気でいても、人はすぐに忘れてしまったり、
都合よく記憶を書き換えたりしてしまうものです。
(脳とは自分の意識と関係なく勝手にそのように働くのです)

リーディングシートにしておけば、正確に伝わりまた読み返すことができます。

リーディングは一人ひとりに大切に伝えておきたい。
私のこだわりです。
大抵はA4のシートに2〜3枚くらいになり2時間以上かかります。
同じ精油や同じフラワーレメディが導き出されたとしても、
少しずつ違うニュアンスがありますから、言葉を選んで記していきます。
ちなみに私が思っている内容ではありませんよ。

例えばラベンダーが選ばれた場合、こういう潜在意識の可能性がある。
というのはあらかじめわかっています。
でも、他との組み合わせやテストの結果で微妙に意味合いが変わってくることがあります。

ですから、あなただけのための香水でありレシピになっているのです。
そして、これらは自分が変化すれば変わっていくので、その時に必要な香水なのです。

お申込はこちらへ
posted by メイ・シオン at 03:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

アロマ女子大イベント 心理テストで創る香水-アロマ&花療法講座 2017

気づいたら2010年からやっていたフレグランスの講座。
2017年もイベント講座でお安く開催します。

「心理テストで創る香水-アロマ&花療法講座」のお知らせです。

AEAJ(日本アロマ環境協会)では、毎年さまざまなイベントが開催されます。
今回は、アロマ女子大(11月3日「アロマの日」を記念して設立した架空の大学)イベントです。

AEAJ認定教室のアースシオンでは、アロマ女子大イベントキャンペーンに参加。
「心理テストで創る香水-アロマ&花療法講座」を開催します。

「アロマテラピーフェア2014(銀座プランタン開催)」に出展した「心理テストで創るアロマヒーリング香水」と同様の講座です。

アロマ&花療法で創る香水とは…
心の奥底に働きかけあなたを助け守る、あなただけの香水を創ります。
創香は、50種程の精油とお花の癒しシステム、フラワーレメディ(花療法)で創ります。
心理分析やO(オー)リング用いて、あなたに必要な精油とフラワーレメディを選びます。
ご希望者には、創ったフレグランスを解説したリーディングシートを後日送付いたします。

通常は6,000円のところ、特別価格で3,000円でのご提供。(リーディングは別途1,500円)

さらに、AEAJ協賛参加特典として「アロマ女子大オリジナル2017DIARY 」プレゼント。

また、AEAJアロマブレンドデザイナー資格で使用する珍しい精油もありますので、ご希望に応じて好みの精油香水を追加で作る場合、追加1,000円にて承ります。

この機会にぜひ、アロマ&花療法で創る香水に触れてくださいね。

日時:2017/3/5(日) 13〜15時
場所:横浜市(弘明寺駅すぐ)
申込〆切:2/28

日時:2017/3/12(日) 9〜11時
場所:調布市(京王線国領駅すぐ)
申込〆切:3/3
詳しくはこちらへ
http://earth.maysion.com/topic.html#event1703

∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
こころと体 ホリスティックな癒し探求
アロマセラピー、セルフ・カウンセリング、セルフ・ヒーリング
心とからだを癒す アロマヒーリングフレグランスセラピー
セラピーと各種講座 アロマシオン http://aromasion.maysion.com
アロマテラピーアドバイザー資格認定教室 アースシオン http://earth.maysion.com
セラピストのためのWeb制作 ホームページセラピー http://hpt.maysion.com
∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
posted by メイ・シオン at 06:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

言葉がけの効能

nenga2017.jpg
あけましておめでとうございます。
忙しさにかまけて久々の更新です。

私事ですが、夏から体調を崩していた父が、年末に胃がん手術。
年内退院の予定も、転倒したり炎症が起きたりで延期となり、
大晦日も正月もままならず、病院付き添いに明け暮れておりました。

そんな父ですが、体力低下と認知症が進み、外見は要介護3〜4にまで陥りました。
年寄りだけでなく、入院して運動が足らなくなると筋力はあっという間に落ちます。
生き物ってそもそも自堕落にできているんですよね。

負荷がなくなると働かなくていいんだなぁ〜って、
細胞が判断してそれに順応してしまいます。
宇宙飛行士はたったの20日くらいの宇宙滞在でも、地球に帰還した際、
疲労骨折を避けるため、車いすで移動するくらいなんですね。

さてさて、この年末年始は父を看ながら色んな実験をしていました。
例えば、立ち上がる時は、手を貸しながら「よっこらしょ」と言わせる。
年寄り臭い言葉ですが、掛け声には重要な効能があります。

脳がよっこらしょの状態を思考する→言葉を発する→耳から掛け声が聞こえる→脳の筋肉指令が活発化する

武道をする方はわかると思いますが、力を入れるタイミングで気合があるのと無いのとでは、
破壊力が違うんですね。
力が出ないよぉ〜という疲れ気味でも、カラ元気の掛け声や気合で脳は騙されます。

ほかには、言葉がけによる認知症の脳の働きの観察をしてみました。
(おたくなんでスミマセン…(^_^;))

認知症は記憶が怪しいのはもちろん、色んなことがわからなくなるわけですが、
耳が確かなうちは、言葉にはきちんと反応するんですね。
胃がんで胃が少なくなった場合、小分けに少量ずつ食べなければいけません。
早食いの父を静止するのに、いちいち「ちょっとずつ食べてね」「30回噛もうね」
などと言葉がけするとそれに従うんですね。

頻尿で尿意も我慢できなくなっていますが、
「まだしちゃダメだよ」「座ってからね」などと誘導すると、
言葉がけをしない時よりはるかに粗相がないのです。

これらのことから、他人を誘導する時、言葉がけが意外に効くことがわかるわけですが、
これって自分にも使えますよね。

くじけそうな時、あともうひと踏ん張りな時、自分を奮い立たせ、脳をコントロールする言葉で乗り切る。
お金も時間もかからない、簡単な強壮剤ではないでしょうか。

∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
こころと体 ホリスティックな癒し探求
アロマセラピー、セルフ・カウンセリング、セルフ・ヒーリング
心とからだを癒す アロマヒーリングフレグランスセラピー
セラピーと各種講座 アロマシオン http://aromasion.maysion.com
アロマテラピーアドバイザー資格認定教室 アースシオン http://earth.maysion.com
セラピストのためのWeb制作 ホームページセラピー http://hpt.maysion.com
∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
posted by メイ・シオン at 03:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | からだの不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

行動すると周りが変わる

今日も暑かったですね。
ポストにクロネコヤマトの不在通知があり電話したところ、お兄さんの声は息も絶え絶えに疲れ切ってました。

私の心の声 <この暑さで参ってるんだろうな、かわいそうに…
お兄さんが来たらリポD(リポビタンD)でも差し入れするか>

夫に、電話口のヤマトのお兄さんがダルダルに疲れてたと話しました。

夕飯の支度をしていると、ピンポンとマンションエントランスのドアホンが鳴ったので、
私は急いでさっき切ったスイカを冷蔵庫から取り出し、弁当の使い捨てパックを用意しました。
とっさにリポDでなく、スイカを持たせようと思いついたからです。

お兄さんは思ったより早く玄関口についてしまい、夫が荷物を受け取りました。
私は焦って「お兄さんちょっと待って!」とスイカを一口大に切りながら大声で呼び止めました。

戻ろうとするお兄さんを待たせている間、人見知りな夫は、
「何? 早く(宅配は)急いでるんだから!」と、声をあげました。
私は、待ってといいながら、スイカに塩を振り楊枝をさして、
急いでパックに詰めたスイカを渡しました。

夫は、私の行動に笑いを漏らしていました。
その後、彼はこう言いました。
「だったら(あなたが)出ればいいじゃん」

「私は夕飯の支度をしていて手が空かないのだから、何もしていない夫が出るべきでしょう。
あなたの荷物なんだし」という言葉を呑みこみました。


さて、この後の夕飯の時です。
切ってあったスイカは、4切れのうち1切れをお兄さんにあげたので、残り3切れです。
それを見た夫が1切れ食べた後「(2切れ)食べていいよ」と私に言ったのです。

過去にこういう出来事はありました。
何かというと、私の行動によって夫の行動が変化するということ。

よその家は知りませんが、身体の大きさからいうと夫のほうがエネルギー消費は高いですから、食料は私よりやや多めです。2人のおかずであれば半分にしていますが、数が偶数であっても、自分の食べたい分を取ってしまうような人です。
それなりに気は使っているようですが、基本お子様で自分勝手です。

そういう人が、自主的に私に「食べていいよ」と言ったのです。

私は思いました。
やっぱり行動なんだよなと。



私は、日頃、色んな思考を巡らします。
それでいて、こうしたら良いなと思いつつ、なかなか行動に移せません。
今日も、スイカを取り出したはいいが、その短い間にもこんな葛藤をしていました。

<やっぱり、リポDのがいいかな?いやいやリポDは冷えてないし。
知らない人から食べ物って食中毒とか気にして気持ち悪くないかな?
夫が待たされてイライラしてるし止めようか?
でも、この暑さでバテバテに少しのスイカでも身体冷やせるからいいんじゃない?
少しの気持ちでも、心が和むことだってある。
もし、私がお兄さんの立場だったら要らないモノ貰ったとしても、一瞬でもホッと和むよね。
ここで止めたら私がきっと後悔する。
仕事だとしてもこんな暑い日でも走らなきゃいけないヤマトのお兄さんをねぎらってだけど、
お兄さんの気持ちは聞かなきゃわからない。
それなら私の気持ちを優先させる。自分のために実行しよう>

こんな感じです。

*************************************************

心理カウンセリングの世界では、こんな言葉があります。

自分が変われば相手が変わる

いくら言い聞かせても変わらない子ども。
叱責しても失敗を繰り返す部下。
妻(夫)の話を聞かず、意に介さない夫(妻)。

結局は、自分が見せた行動によって相手の反応がある。

これが「自分が変われば相手が変わる」ということなんです。

今回の夫の言動には思いもよらずびっくりでしたケド…

焦って塩振りすぎたけど、お兄さん大丈夫だったかな?

∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
こころと体 ホリスティックな癒しをあなたに
アロマセラピー、セルフ・カウンセリング、セルフ・ヒーリング
心とからだを癒す アロマヒーリングフレグランスセラピー
セラピーと各種講座 アロマシオン http://aromasion.maysion.com
アロマテラピーアドバイザー資格認定教室 アースシオン http://earth.maysion.com
セラピストのためのWeb制作 ホームページセラピー http://hpt.maysion.com
∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
posted by メイ・シオン at 01:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | カウンセリング&セラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

ドッペルゲンガー

その頃、いつも同じ時間の電車に乗るため、同じ時間に家を出た。
朝は、大抵ギリギリで、毎日小走りだったり速足だったり…

そんな東松原駅まで行く途中で、頻繁に会う女性がいた。
どこで合流するのかわからないが、必ず私の前を歩いていた。

どうしてその女性を覚えているかというと…
後姿が私にそっくりだったから。

腰くらいまでの長い髪に編み込んだようなウェーブ。
手を振りやや大股にきびきびと歩くさま。
そして、身につけたファッションもなんだか似ている。

どんな人なのかいつも気になっていた。

ある日、この人がどんな顔なのか見てみたくなって、
その後ろ姿を追って、追い越そうといつもより速足で歩いてみた。

しかし、あちらも相当な速足で、いつまでたっても距離が縮まらない。
駅に着くとホームに滑り込んできた列車に、駆け込むように乗ってしまった。

朝の混んでいる電車内をそれ以上捜索することはできず、
また会った時にしようと諦めた。

そして、また彼女に会う朝があった。
駅まで行く長く緩いくだり坂の一本道。
遥か向こうで速足に歩いていた。

遠いなぁ、追いつくか走ってみようと思い、
緩い坂道を小走りでくだって行った。

少しずつ少しずつ、彼女の背中が近くなった。
よし、もう少しだ…と一本道の終わりを曲がると、
既に彼女の姿はなく、また顔を見ることはできなかった。

そうやって、いつもいつも背中だけの彼女を追いかけた。
しかし、いつまでたっても追いつくことができず、
ホームでやっと数メートルまで近づいたにもかかわらず、
駆け込み乗車で彼女だけが列車に乗り込んでしまった。

そのうち、彼女に会うことは少なくなっていった。
その後、東松原を越してしまった私は、
二度とその姿をみることは叶わなくなった。

今でもときおり思い出す。
あの緩いくだり坂を長い髪をたなびかせ速足で歩く彼女の背中。

∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
こころと体 ホリスティックな癒しをあなたに
アロマセラピー、セルフ・カウンセリング、セルフ・ヒーリング
心とからだを癒す アロマヒーリングフレグランスセラピー
セラピーと各種講座 アロマシオン http://aromasion.maysion.com
アロマテラピーアドバイザー資格認定教室 アースシオン http://earth.maysion.com
セラピストのためのWeb制作 ホームページセラピー http://hpt.maysion.com
∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
posted by メイ・シオン at 00:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 井の頭線物語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

フランス在住のアロマセラピスト 現地の生の声をお届け

199415d7e2923d2aaa638bcdbcfe2aba_s.jpg
こちらへの投稿は久々です。
ずっと会いたかった人が来日するよ〜

その方は、フランスから故・高山先生に会いに来たTomomiさん。
先生からともみさんのお話を聞いた時、ともみさんに「本を貸したんだよね〜」って。
私の想像ですが、これはもう手に入らない本だから…と言って、せっかくフランスから来て会ったので、ぜひ読みなさいと無理くり貸したに違いない。(きっぱり)

さて、このともみさんは、フランス在住のアロマセラピスト。
日本でいうセラピストとは、若干意味合いが違いますので、正しくはオルファクトテラピーのセラピストと言った方が良いでしょうか。
ご本人は、アロマトローグ(精油研究家)と表現しています。

そのともみさんが、日本に一時帰国される夏に、アロマテラピー研究室のゲスト講師として登壇いたします。

【フランスのアロマテラピーの現状とオルファクトテラピー】

ともみさんのブログなどを拝見していると、日本で知られているフランスアロマは、残念ながら色んなところで違った情報にすり替えられて伝わっているようです。

日本に入っているアロマ情報は、古かったり、また、日本のアロマの協会が正しい情報を仕入れてなかったりすることもあります。

それらがわかってきた昨今、色々と書き換えられてはいますが、古い情報しか知らない人たちの方が大多数かもしれません。

そして、最近思うのが、海外の情報は、翻訳次第で違ったニュアンスになってしまうということ。
その翻訳があたかも事実のように、独り歩きしてしまう懸念があると知りました。

ガット・フォセがラベンダーで火傷を治したわけではないという事実があるように、
知らない真実がたくさんあるのです。

フランスアロマ=メディカルアロマじゃないですし、
日本人が都合よく、フランスアロマと命名しているだけのものかもしれません。
それを見極める一つの方法は、やはり現地の人の情報です。

30名定員のところすでに残席3名です。
もうあっという間に埋まります。
お申込はお早めに〜

【日時】2016/8/27(土)  10:30〜12:30
【会場】アイムパーソナルカレッジ
    東京都港区南青山
    千代田線乃木坂駅 徒歩1分
【定員】30名 残席3名(6/30現在)

【受講料】5,000円
詳しくはこちらへ

∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
こころと体 ホリスティックな癒しをあなたに
アロマセラピー、セルフ・カウンセリング、セルフ・ヒーリング
心とからだを癒す アロマヒーリングフレグランスセラピー
セラピーと各種講座 アロマシオン http://aromasion.maysion.com
アロマテラピーアドバイザー資格認定教室 アースシオン http://earth.maysion.com
セラピストのためのWeb制作 ホームページセラピー http://hpt.maysion.com
∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
posted by メイ・シオン at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

世界の終わりを告げる日

夢のお告げが激しくなる時期というのがある。
過去にも、夢の中にいる時の方が多いかも…
というくらい、色んなストーリーを続けてみたことがある。

ここのところ数か月は、やはりそんな期間のようだ。

***********************************************
世界の終わりの日を告げる日に遭遇する。

ルパン三世の1作目映画に出てきたマモーに似た生き物
(スター・ウォーズのヨーダにも似ている)が、
仙人のような役割で皆に世界の終わりを告げている。

身長は4、50センチくらい。
白い服かな?
それは呪文のような合い言葉。
たぶん半紙一枚に書けるような10文字以内くらいの短い言葉だ。
それをもってみなに伝えている。
(いつもなのだけれど、こういう大事な言葉は目覚めるとすぐに忘れてしまう)

---------------------------------------------------
世田谷にある上の団地の入口の歩道橋に、友人のG.Iさんがいる。
私は、彼女が世界の終わりのお告げに間に合ったことに安堵し泣いてる。
彼女は薄手の白い服を着てる。
とてもきれいで清々しい表情をしている。
私もその表情に「ああ、良かった」と思っている。
彼女は、そのまま渋谷方面に去っていく。

---------------------------------------------------
未来か過去かわからないそこでは、男の子の間で革のエプロンのようなものが流行ってる。
見た目の印象は、ロデオの時、足をカバーするためのオーバーズボンであるシャップスとかチャップスと
呼ばれるものに似ている。
作りでいうと丈が長いので、魚を扱う人たちが使う防水の前掛けエプロンに似ている。
その流行りもののファッションは、なめした革に黒マジックで文字がかかれてる。
重さもずいぶんあるような感じなので、
こんなのが流行ってる時、若者でなくて良かったと夢の中で言ってる。

書かれている文字は、2桁ずつ6文字か8文字で、電話番号のようなものか?
その用途は連絡IDであって、その文字をなにかのルール順に指でたどっている。
(たどるというか、スマホゲームのモンストっぽくなぞって使う)
この世界では、何かを連絡するIDとなっているらしい。
***********************************************

ちっとも意味が読み取れない。
こういう衝撃的なこと「死」とか世界の終わりというのは、
逆夢だったり現実を反映していたりする場合が多い。
だから何となく想像はつくけれど、いつも出てくる「言葉」を覚えていないのは、
夢を読むのに致命的…(;´Д`)

白い服というのも気になるが…

そして、なめし革エプロンのファッションに至っては、全く意味不明。

とりあえず備忘録として記しておこう。
posted by メイ・シオン at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夢のお告げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

GWイベント 香り・摘み・食べ・創り・持ち帰る 一日中楽しむフレッシュハーブ体験

090505_1718~0001.jpg 090503_all.jpg 090502_1414~0001.jpg

GWにハーブの恵みをいただきませんか。
神奈川県厚木の自宅教室「リンデンミント」で、
ハーブ体験とワークショップを開催します。

リンデンミントさんのお庭では、自家製無農薬の野菜やハーブがたくさん。
家人だけで育てた植物がところ狭しとお出迎えします。
一日中楽しめるフレッシュハーブ体験&アロマシオンのオマケワークショップとのコラボ企画です。

【ハーブ体験会内容】
フレッシュハーブ摘み体験とお持ち帰り(カレンデュラ、マージョラム、ローズマリーなどが旬)
ハーブクラフト(ハーブビネガーの予定)
自家製ハーブを使ったランチ付

110521_1259~0001.jpg110521_1402~0001.jpg110521_1335~0001.jpg

過去のハーブ体験会の様子はこちら
http://maysion.seesaa.net/article/118644004.html
http://maysion.seesaa.net/article/118673989.html
http://maysion.seesaa.net/article/199601208.html

【アロマシオンワークショップ】
ワークショップは、候補の中から参加希望者の多数決で決める予定です。

1.「私だからできること」ブランディング勉強会体験版
個人で活動する時、自分の強みを見つけてアピールできることは大事。
でも自分のことって意外と知らないもの。
ブランディング勉強会とは、自分の棚卸しや、自己イメージや他者イメージなどを掘り下げることで、自分ブランドを作る手助けをします。
また自分のアピール方法やキャッチコピーなどを、参加者全員の知恵を借りて考えていきます。
ブランディングを学んだけれど、自分だけではまとまらず挫折してしまった方にはオススメ。
オマケとして、ホームページやブログ、SNSの活用基礎も盛り込んだ連続講座です。
今回は、そのイントロダクションの体験講座となります。
体験版の後、本講座を受講する場合、本講座の割引特典があります。

2.「気」の体験会
気功の「気」は、空気や天気といった目に見えないエネルギーのこと。
気は本来誰でも感じることができるものです。
気とは何か?ヒーリングで使える気を自分で感じる体験をします。
人が多いほど気は充満しますので、以前体験した方も複数での気の交流ができます。

3.もう一度学ぶ健康学
セラピストがクライアントの健康回復を考える時、
どうして不調になっているのかが曖昧になっていませんか。
今一度健康学についておさらいし解剖学を活かしましょう。
「眠りとサーカディアンリズム」「食べ物のこと」「ストレスとホルモン」などを考え中。

4.バッチフラワーレメディ体験
心に働きかける38種のバッチフラワーレメディ。自分が必要としている完全調合を目指します。
(こちらは別途500円位の材料費がかかります)

5.AEAJ専科資格のお話と自然香水創り
AEAJでは、7月より「アロマブレンドデザイナー」と「アロマハンドセラピスト」
2つの専科資格が新設されます。
資格のご紹介とブレンドデザイナーに興味がある方のために自然香水を創ります。
(こちらは別途500円位の材料費がかかります)

●日時 
2016年5月1日(日) 午後12〜17時位(大雨の場合中止)

●参加費
5,000円(ランチ、クラフト、ハーブ摘みのおみやげ付、&ワークショップ)

●場所
ハーブ&アロマ リンデンミント(神奈川県厚木市温水西)
小田急線 本厚木駅東口よりバス 約20分「高坪」下車、徒歩3分
当日は、本厚木駅集合の予定です。(開始前の集合時間になります)
詳細は、お申し込み時にお知らせいたします。

●定員
3〜8名(定員になり次第締切)

●注意
ハーブ摘みをしますのでヒールの靴などはご遠慮ください

●申込締切は 2016年4月28日です 
●お申込み・お問い合わせ(アロマ シオン)
http://form1.fc2.com/form/?id=560941
「その他お問合せ」としてご連絡ください。

top_poto_house.jpg●講師プロフィール
【田中 美代子】
神奈川県厚木の自宅一角でハーブとアロマの店(カフェとセミナー)リンデンミントを運営。
自宅のハーブ庭園では、数え切れない種類のハーブや野菜などの植物を育て、きまぐれカフェでは、自家製無農薬のフレッシュハーブティーや、採れたて野菜のサラダやパスタを提供。
力強いフレッシュハーブは、絶品なだけでなく細胞を活き返らせるよう。

・日本園芸協会認定ハーブコーディネーター
・AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
・池坊華道会 正教授
他グリーンフラスコ植物療法科にてメディカルハーブを学ぶ。

イギリス好きで、2009年にはロンドンにホームステイ留学を体験。
滞在時に現地ハーブやアロマに触れる体験も。
草花を愛でる優しさと、アクティブさを持つステキな先生です。

∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
こころと体 ホリスティックな癒しをあなたに
アロマセラピー、セルフ・カウンセリング、セルフ・ヒーリング
心とからだを癒す アロマヒーリングフレグランスセラピー
セラピーと各種講座 アロマシオン http://aromasion.maysion.com
アロマテラピーアドバイザー資格認定教室 アースシオン http://earth.maysion.com
セラピストのためのWeb制作 ホームページセラピー http://hpt.maysion.com
∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
posted by メイ・シオン at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルシー&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする