2008年02月02日

今頃誕生日ケーキ

080202.jpg先月の終わり頃、誕生日だった。
ありがたいことに、例年友人からのおめでとメールが届く。
代わりに家の住人には必ず忘れられる。
当日はいつも忘れる夫に、どんなイヤミを言っていぢめようか考えて「何か忘れてませんか?」と言ってみた。
するとヤツは『しまった!』という顔をしながら、口端を曲げて「おめでとうございます」だって。
ハハハ、先手を打たれて悔しそうだった。
先日「親や家族の誕生日さえ覚えてないのは、これからはボケと間違われるからマズいんじゃない?」と話したばかり。
この時、すでに私の計画は始まっていた。
最近、ヤツはちょっと素直に話しを聞く。
私が何度も言ってきたことが徐々に効いてきてるらしい。
「家族に何かあった時、身元確認で生年月日も知らないのってヤバいんじゃないの?」とか、
「金額の数字は覚えるのに、生年月日の数字が何で覚えられないのかな?自分にしか興味ないからだよね〜」とか。
忘れることはあっても全く記憶しない人は少数で『あなたはちょっとヘンだよ』というのをじわじわと刷込んできた。
すると「確かにあまりに覚えてないのはマズいかもしれない…」と思ったらしく。
「そうだね」と反論せず聞くようになったのだ。
そこにきて、やっぱり忘れてたという失態。さぞ口惜しいかろ〜
で、その日ヤツは珍しく気を遣って、夕食後ゴミ出しついでにケーキを買いに行こうというのだった。
でも、買ってきてくれるんじゃなくて私もついて行かされるのだ。
(いつも一人で買物できないボクちゃん)
21時過ぎにスーパーの乳製品売り場で、カップに入ったケーキを買う。
気遣いはありがたい、けれどこんなものでごまかされないぞ。
私の本命ケーキは、イベントでしか食べられない高級ケーキ。
1ホール600円もするケーキがゴロゴロするケーキやで、プリンアラモードを買ってくること。
立川ecute(エキュート)にできたケーキ屋さんで693円のプリンアラモードをゲットした〜
写真は、プリンアラモード(バナナ)とプリンアラモード(苺)合計1323円ナリ
ぜ、贅沢すぎる…ヘタすると私の昼飯3食分かも
でも、豪華で上手かったよ〜半分残して次の日の分にしちゃった。
み、みみっちい…ダッシュ(走り出すさま)

posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする