2010年01月31日

鍛えるとできるのか?

今期の毎週土日の仕事では、8時間ぶっ続けで講座を繰り返している。
キツいなぁ〜と思っていたが、意外にもなんとなくできている。
講座をはじめたばかりの頃は、4時間位になるとヘロヘロで舌がもつれていたのに…
4時間睡眠で臨んでも、鍛えると人間なんでもできるもんなんだなぁ。
疲れは感じても持ちこたえられる範囲で、続けろと言われればまだいけそうな…
あれ?これってマヒしてるのか?
明日は休みだ〜!爆睡するど〜!
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

手相鑑定

28日のバースデーは朝から晩まで予定がみっしり。
夜は起業セミナーでしたが、昼間は友人で占い師の瑞桜先生に紹介してもらった方に、手相を見てもらいました。
手相のみならず人相もやっているので、そのあたりのアドバイスもいただき…
私が強すぎることを指摘され、人相も化粧でカバーできると具体策を教えていただきました。
強力な人は、人との和で我が出ると障害になります。
手相・人相・生まれなどの鑑定から、みな同じような要素が出て、
自分でも感じていた通りとても強力な運らしく、
お金には困らず何をやっても大丈夫らしい。
問題はその強さで強引さが出てしまうこと。
(ここが男前な由縁なんでしょう…ね)
それを自重できれば、何も心配ないと。
しかも、今のところ長生き相らしいです。
65才までと思ってたのに…先の見積もりもしなくちゃね。
それからここ数年、人類の存続に関わる恐ろしいことに気づいていましたが、その疑問も晴れてスッキリ。
でもこれは内緒…またの機会に!
70才代も半ばの先生でしたが、なんとも若々しく生き方一つで若さもエネルギーも変わってくるのだな〜と実感しました。
ちなみに手相は生きざまでどんどん変わるらしいのですが、
福耳も耳を引張ることで福耳に変わるそうな…
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | カウンセリング&セラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

起業セミナー2回目

昨日28日は、めずらしく朝からブログを更新。
たくさんの方からお祝いメッセージをいただき、
ありがとうございました。
なんだかとても充実した一日でした。

そしてこの日は先週に続いて起業セミナー2回目でした。
徐々に洗い出しをしていきます。
何を売るのか?
どういう売り方なのか(対面なのかネットなのか)?
どんな値段なのか?
というふうに一つ一つ考えていくわけですが、
既にわかっていることも多く(もう商売しているからあたりまえですけど…)
人数の多いセミナーなので、細かなとこまでフォローがまわりません。
もう少し、時間に余裕を持って細かいといいのになぁ
無料だから仕方ないかな…
自分に必要なのは経営戦略セミナーかも!
と思ったりもしました。
posted by メイ・シオン at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

Thursday's Child 木曜生まれの子

誕生日を迎えた。
奇しくも今日は生まれた時と同じ木曜日。
私は木曜生まれの子ども。
Thursday's Child なのであった。
David Bowieの「hours…」アルバムに同名曲がある。
この曲はかなり切なくて涙がちょちょギレそうになるけれど、
大好きな曲の一つ。

西洋では、生まれ曜日が干支や星占いのように、
民間伝承されているようで、
マザーグースの詩によると、Thursday's Childは、
Thursday's child has far to go
「遠くへ行く」「遠く旅立つ」「旅に出る」
転じて「幸せ薄い子ども」らしい。

【マザーグースの詩】

Monday's child is fair of face,
Tuesday's child is full of grace,
Wednesday's child is full of woe,
Thursday's child has far to go,
Friday's child is loving and giving,
Saturday's child works hard for his living,
And the child that is born on the Sabbath day
Is bonny and blithe, and good and gay.

月曜生まれの子は、器量がよし
火曜生まれの子は品がよい
水曜生まれの子は苦悩が多い
木曜生まれの子は遠くへ旅立つ
金曜生まれの子は気前がよい
土曜生まれの子はあくせく働く
そして安息日に生まれた子は
かわいくて明るく 親切でほがらか

西洋ではポピュラーな内容のため、
色々な人が「Thursday's Child」を歌っているようで、
バーバラ・リー、ジャズではAbbey Lincolnという人が歌っているそう…

生まれた曜日を調べるにはこちら
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/1173/game_youbi.html

ちなみに今調べたら、うちの宇宙人夫もThursday's Child だった
Σ( ̄ロ ̄lll)
posted by メイ・シオン at 12:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | D.Bowie&music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

年賀状のネコは今

年賀.jpg年はじめの年賀状はネルでご挨拶しました。
ネルを病院に預けて夫の郷里に帰省しましたが、
戻ってから3日でネルは風邪っぴきでまた病院へ。
お年寄りなので病院で何か菌をもらってきたか…
慣れないところで緊張しストレスで弱って日和見感染したようでした。
注射1本で3〜4日で回復しましたが、衰弱したので、
年賀状で出した巨大ネコは、7kgから5.5kgに!
生活習慣病を心配され、ダイエットが必要でしたが
一気にその心配もなくなり普通のネコに。
でも、触ると骨があたるネコはネルじゃぁないような…
posted by メイ・シオン at 01:45 | Comment(3) | TrackBack(0) | 猫・ねこ・ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

商品コードが違います

ここの所、またまた寝不足気味。
2〜3時寝の朝6時の弁当作りが続くと仕事中眠気が増す。
先週、2週ぶりに派遣の仕事場に行くと、
レイアウトが変更になっており、完全に隔離されたスペースになっていた。
私以外、誰もいない部屋。
午後には当然 眠気との戦いなわけで。。。
書類とにらめっこしながら作業をしている私。
PCに向かってなにやら操作を繰り返している。
『商品コードが違います』
エラーメッセージが出た。
なぬ〜エラーだとぉ〜!
と、「ガチャ!」という誰かが戸を開ける音にビクッ!
驚いたひょうしに目を覚ます…
「商品コードが違うって!どういうことよ!?」
思わず口をついて出た言葉。。。
あ〜!夢と繋がっちゃってるよ…
書類を持ったままあちらの世界へ行っちゃってた。
ここの仕事の書類に商品コードなんてないんですケド…ダッシュ(走り出すさま)
posted by メイ・シオン at 01:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | 夢のお告げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

マイミクさんいらっしゃ〜い

なんでしょうね。。。
突然、新しいマイミクさん(mixiのお友だち)が増えました晴れ
マイミク ラーッシュ〜! (キューティーハニー風)
取り立てて増やすつもりは全くないんです。
やたらめったら多いと管理しきれなくなるし、
見ず知らずの由縁もない人はお断りしているし。
おばちゃんだし… (関係ないし…ダッシュ(走り出すさま)
でもなぜかご縁があるのでしょうね。
色んな方面の方から刺激を受けるシーズンになったのでしょう。
あ…さようなら〜12年に一度の水瓶座大幸運期〜! (また関係ないし…ダッシュ(走り出すさま)
新たなシーズンの到来です。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

検診マンモグラフィ

年に一度の健康診断で初めてマンモグラフィを受けた。
噂通り痛かった。
縦からと横からと目一杯押しつぶして撮るのだが、痛かったのは潰された痛さだけではない。
全体の肉をなるべく撮影範囲に収めるために、ものすごい不自然な体勢をとらされる。
機械は高さ調整できるが、なぜか爪先立ちのような体勢。
首を曲げたり体幹の向きだけ変えたり、脇から吊られたような格好になったり…
首のスジがつるかと思った。
夜、お風呂に入って体を洗ってたら胸部が痛い。
ちち打撲?…
んなわけないか(爆
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

ひとり起業講座

ひとり起業という無料セミナーに行った。
新宿区男女共同参画推進センター主催で、昨年11月に開催されたが無料なこともあり満員。
反響が良かったので再度今回開催になったセミナーだ。
起業って今さら…という所だが、起業というものを、始める段階からお金の問題など、系統だって一から知りたかった。
起業本を見れば一通り載っているだろう事を、セミナーに行くのには意味がある。
まずは、読むより聞く方が早いこと。
そして、講師との出会いと参加者との出会いによる人脈ネットワーク。
あと、私に必要な講師の話術や進め方の勉強のため。
実際に色々な人のセミナーは、とても勉強になる。
私にできていないこと。私ならこうするな…と思うこと。私の方が優れていること。そういうものは実際触れてはじめてわかる。
ちなみに、私の方が優れているのは、お笑いネタだろうか(爆
参加者の平均年齢は予想通り高い。
しかし、中にはまだ学生という人もいて、就職難と言われる時代のせいかとも思ったりする。
こういうセミナーは、自分がやりたいことを総ざらいして具体的にしていく。
なので自分のやりたい方向性を説明する必要があるが、それを改めて見てみると、アロマという枠にとらわれていないことに気づいた。
以前からやりたいことのアイデアは、たくさんあったけれど、それに共通しているものに気づいた。
(これはナイショ…)
人に説明するために、改めてまとめると新たな気づきがあるけれど、当にその通りの体験があったのだった。
全3回のセミナーで続きは来週、次回からは具体的な展開になるので楽しみである。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

下からグラグラ揺れ

なんだか…下からグラグラ揺れがきてますです。
大寒なのに…みょ〜に暖かい。。。
…こんな変な天候だから コワイぞぉ〜!( ̄□ ̄;)
posted by メイ・シオン at 00:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | 地震予知隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

うちに車がやってくる

うちに車がやってくるらしい。
宇宙人夫が仕事でやむなく買った車だ。
車じゃないと行けない現場が多すぎて、必須な時だけ社長の車を借りていた。
しかし、社長の家は車のやりとりをするには遠すぎる埼玉奥地。
これからも遠すぎる現場が続くから…というのだけど本当に読み通りになるのか?
車の要らない駅1分なのに…
やっと私がずんどこ貧乏脱したのになぁ〜
やつは維持費確保で酒タバコを止める根性ないからなぁ…
弁当作ったり節約したり、頑張る努力をするのはこちらばかり…
ぼやくよね〜
posted by メイ・シオン at 02:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

覗く西洋人

今朝方、悪い夢を見た。全体に明度を落とした暗い画像の夢だ。
今、現実には、ネコの具合が悪い。
夢では以前すんでいた町の駅に、このネコと一緒にいる。
駅には二つ改札口があるが、臨時のようになっている方から出ると、
線路をまたいだ歩道橋のような作りになっている。
その歩道橋を渡ろうと途中まで行くと、突然道が途切れなくなっていた。
工事で分断されているのだ。
ネコは、そこを私より先に渡ろうとして、足を踏み外し金属の柱にしがみついている。
あー大変!助けなくちゃ!!
と思って誰か助けを呼んだらしいが、その先の夢は途切れている。
そして、そことほぼ同じ敷地内にある、自分の家らしき所に場面が移っている。
さっきまでのストーリーと繋がっているらしく、ネコのことを気にかけている。
家はみたこともない作りで玄関らしき所とキッチンが繋がり、キッチンの端には勝手口らしき扉がある。
二つの扉はあまりに隣接していて、とても不自然な作り。
誰もいない部屋は暗く、物音一つしない。
キッチンにあるテーブルを前に何をしなくちゃいけないんだっけ?(たぶんネコのことを気にかけている)考えあぐねていると、突然、物音がする。
他の部屋にいるかもしれない夫かも?と「誰?●●(夫のこと)?」と声を上げるが返事がない。
他に誰かいるのだ。
周りを見渡すと、勝手口の覗き窓を外側から押し上げて誰かが覗いている。
ヒャーッ!なんだこいつは!
と思い、急いで覗き窓を閉めるが、閉めても閉めても、
そいつの手がまるでバネのようになっていて開けられてしまう。
微かに見える人影は、髪が長く不敵な笑みを浮かべた怪しい西洋人。
恐ろしくなって、声を上げるがはっきり発声できない。
「うううおおお…●●(夫の名)!だずげでー!」と他の部屋にいるかも知れない夫に、一縷の望みをかけて助けを求める。
ああなんで声が出ないんだ!!
と次の瞬間。
「うるさい!」と夫に怒鳴られ目を醒ます。
以前も何度もあったが、かなり大きな声で唸っていたらしい…
エルム街の悪夢みたくなってるのに…
怒られちゃうんだよね〜(ToT)
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 夢のお告げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

ピンチから逆転

今年の仕事始めは、派遣の仕事からだった。
この仕事を始めてから丸3年。仕事のスケジュールも融通が利き、自分の思うとおりに粛々と進めるだけの仕事だから楽ちん。
しかし、この仕事も現場の都合でなくなるかもしれず、定時収入がなくなると他を探さなければならないかも。
そんな状況でスクールが頼みの綱だったのに、受講生が激減。
こうなったら、他の手を打つか?と考えていた矢先に、突然3名の追加受講生が出た。
予定より少ないけれど、どうにか繋げられるレベルになり一安心。
人生に低迷期というものはあると思うが、ここ数年の経験で思うのが、「低迷期を脱すれば、なんとかなる」ということ。
今は低迷期を脱して上向き途上なので、根拠はないのだけど、予想外の悪いことが起きたとしても、低迷期に戻ることは有り得ないという自信がある。
この根拠のない自信というのが結構ポイントだったりする。
欲すれば●●ってとこかと。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | カウンセリング&セラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

Suicaカードですが

昨年Suicaカードを作って、今日始めて使おうと改札を通した。
が、なぜか定期入れの反対側にあったPASMOカードが反応してしまった風!
なぜ!?
駅の人に聞いたら、やはりPASMOカードが通ったことが判明。
おかしい!
Suicaをタッチしたのに…
PASMOは触ってないよ?
駅の人は、Suicaカードをタッチセンサーの上に置いた。
反応がない。
駅の人「何だろうこのカード?」
私「ビッグカメラとSuicaのジョイントカードです。
今日始めて使うんですけど…」
駅の人がカードの注意書きを読む
「このカードは本カードご到着までの仮カードです。
Suicaの機能は搭載しておりません。」
…あれっexclamation&question
本カードって届いたよね?
何で仮カード?
さいふを恐る恐る見ると…………
exclamation&question間違えてる たらーっ(汗)
定期入れに本カードを入れたつもりが仮カード。
はははは…
ははは… ははは…
笑って駅の人の前からフェイドアウト
冬だし…寒いよね。。。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

ハーブでリンパの腫れを抑える

帰省の帰路、新幹線でウトウト…起きると右首のリンパが痛い。
よくよく思い出すと、元旦にすでに喉の違和感があった。
けれども2日経って突然腫れと痛みがやってくるとは…
民族大移動の東京駅から新幹線、そして在来線と長距離の間に、
きっと何かの菌が入ったのだろう。
熱が全く出ないし、右側のリンパだけが異常を起している。
3日に痛みと腫れで辛かったが、病院はまだ休み。
4日もまだ病院はやってないし、実家に行くし。
で、発動したのがエキナセアとプロポリスとバッチレスキュー。
ピンチの時はいつもエキナセア、ビタミンC、バッチレスキューだったが、
この冬にエキナセア&プロポリススプレーを手に入れていた。
スプレーだと持ち歩きに便利だからね。
またいつものごとく、何時間か置きに、エキナセアチンキとエキナセア&プロポリススプレーとバッチレスキューを飲む。
エキナセア、プロポリスともに免疫のお助け隊。
これでどうにか変な菌と戦ってもらおうというわけで…
首に冷えピタも付けて、3日の夜はこれでどうにかカバー、
4日には随分楽になった。
5日には、やっと病院が開いたので行くといつもの倍の患者さんが…
ドクターに「何か痛み止めとか飲みましたか?」と聞かれ、
「いえ…えっと、エキナセアとプロポリスを少々…」
ドクターは無言でしたね あせあせ(飛び散る汗)
もう随分終息してましたが、やはり抗生剤の威力はスゴイ。
抗炎症薬2種と抗生物質を処方され、1回飲んだだけで
ものすごい勢いで腫れが引いてしまった。
薬は上手に使うのが望ましいと日々思っていますが、こういうのを目の当たりにすると、慢性的に薬を飲むような身体には、なりたくないなぁ…とも思うのでした。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ヘルシー&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

新年会の思い出とバッチ

帰省した翌日は実家の新年会でした。
実家といっても隣地の世田谷に行くだけなのですが。
子どもの頃は、母の親戚宅に集まって毎年新年会がありました。
母は7人兄弟なのでそれはそれは大所帯の新年会です。
私が6歳の時の新年会で始めてプレゼント交換会がありました。
元々くじ運があるのか、その日一番の目玉商品のスイス時計を見事にゲット。
6歳の子には似つかわしくない高級品でしたが、その後何度か時計をしたのを憶えています。
父の親戚とは疎遠でしたが、小さい頃は父の実家にも出かけていました。
父の祖母の家の新年会の思い出といえば、灯油の匂いがする家です。
行くのはお正月ですから深々と冷えた日がほとんどです。
祖母の家は2階を人に貸している一軒家で、昔ながらの広い廊下があり、そこから小さな庭が見えました。
あるお正月には雪が降り、暗い廊下から庭を見ると白い雪だけが明るく光っていました。
廊下はとても寒いのに、部屋に入ると灯油のストーブで暑いくらい。
今でも灯油の匂いがする暖かい部屋にいると、今はもうないあの祖母の家を思い出します。
今の私の新年会は恒例の実家での新年会です。
ここのところ甥や姪が大きくなったこともあり、百人一首が恒例となりました。
子どもの頃に母の実家でもいつも百人一首をやっていました。
母も子どもの頃にもやっていたので、甥や姪で三代目になります。
子供達はメキメキと力をつけているのに、私は憶えていた句も忘れ、
目も追いつかなくなっているのを目の当たりにすると、年をとったなぁ〜と感じます。

091115_0130~0001.jpg時間があったらバッチフラワーレメディのテストをしようと、
バッチのカードも持参しました。
バッチの勉強にも本腰を入れ始めたので、他人にテストする前に、
まず身内からというわけで、Oリングテストによるレメディ選びをしてみました。
近年、日頃から体調が不安定な姉に一番必要かなと思い、テストを試みました。
姪はヒーリング系のものにとても興味を持っているので、テストの様子を見ていた姪にもレメディ選びをしました。
ついでに冷やかし半分の弟にも。
まだ、傾向が読めるほどレメディの全てを憶えていないので、何ともいえませんが、姪のテストの結果が私が予想した通りのものだったので、
やはり、Oリングは使えるなぁ〜と改めて実感。
本当はまだらボケが加速しつつある父にもやらなきゃ…なんですがねたらーっ(汗)
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

2010新年帰省‐義姉の家にて

100102_2041~0001.jpg3日には帰ってしまうので、その前の晩に義姉の家のリンに会いに行きました。
義姉の家にはリンという犬がいます。
働き犬 リン
http://maysion.seesaa.net/article/38889731.html

オークション通販で10,000円で入札したら宅配便で届られた犬です。
この子、出所は非常に怪しいのですが、ものすごくいい子です。
出迎えの番犬ぶりは凄かったのですが、
その後、遊んであげたので、私の後をついて回ってました。
「おしっこ」と言えばトイレを済まし「お水」と言えば水を飲むといった利口ぶり。
人の言葉は完全に理解しています。
私が話しかけると「何の合図なのだろう?」と、
ずっーと耳をそばだてて凝視しています。リンは働く気満々なのです。

お義父さんにも会えたし、リンちゃんとも会えたし、
あまりおしゃべりではない、義兄(義姉の夫)は、今回やたらと話しまくってくれたし。
胃腸がずっとおかしかったので、油抜きをした食事でしたが、帰省の間にピタリと治ったし。良い帰省でした。

100103_2051~0001.jpg
おまけ
地方での楽しみの一つはスーパーへ行くことです。
なぜなら、ご当地商品が売っているから。
今回のゲットしたのは、カップ麺の他に、青きなこと、
最近こちらで見なくなった三島の和え物の元。
うぐいす餅の青いきなこは見た事がありますが、
青大豆のきなこそのものは、売っているのを始めて見ました。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

2010新年帰省-義父の見舞いに

お正月には、宇宙人夫の故郷に帰省していました。
大晦日の東京駅は、今まで見た事のない人出でした。
空港に匹敵する民族大移動ですね。
どん底貧乏を脱して昨年の収入が少し良かったので、やっとの思いで帰ることができました。
義父が認知症の病院に入り、まだやり取りができるうちに帰りたいと思って1年半。
2年ぶりの帰省でしたが、相変わらず田舎は時間が止まっています。
何年ぶりかでその日のうちに寝ました。。。しかも3日も続けて…
正月明けの2日に、義父の病院へ行きました。
義姉は地元に残っているので、義父は義姉や義母のことはわかります。
私は遠いのでわからなくて当然ですが、ずっと地元にいる義姉の夫や、息子であるうちの夫でさえ曖昧です。
たった今「ほう、●●(夫のこと)来たんか」と言ってたかと思うと、
「●●は元気なんか?」というくらい。
目の前にいるんですけどね…老人性白内障のため、視界は悪いけれど、
耳はよく聞こえているようです。
義父は87歳、本人曰く90歳までは頑張ると宣言してました。
ひとしきり話して、帰り際に「じゃあねお義父さん、また来るからね」というと、それまで表情が乏しかったのに、満面の笑みで見送ってくれました。
寡黙な義父だったので、普通に元気な時でさえ見せたことのない笑顔で。
何度もなんども「またね〜」と手を振りました。
命あるものは、生きるようにプログラムされている。
特に戦争に行った義父らにとって、生ききることこそ命題なのだと…
夫は、自分の意識で生きられなくなったら、安楽死はアリだと言います。
私はその意見と全く反対な思いを持っています。
人からどう見えようと、ズタボロになっていようと、地を這いつくばっても、生き物は、最後の最後まで、生きるためのプログラムが作動している。
義父を見て、その思いは間違っていないと改めて感じたのでした。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする