2010年03月13日

人を励ますということ

先日のTVで人を励ます光景を見た。
少年が立ち直っていく過程のTV番組だ。
少年は幼少からいじめに合い、しゃべらなくなった。
その少年は、最後の砦と言われる学校の一つである、山奥の全寮制の高校に入った。
先生は彼を演劇部に入れ一言のセリフを与えた。
声を発することができなかった彼は、仲間と先生の支えの中、
か細いけれど声を取り戻した。
その過程でこんなことがあった。
なかなか声を出せない彼に、先生は仲間達に
彼が声を出せるまで練習に付き合ってもらうようにした。
仲間達の支え、励まし、自分が声を出すまで仲間が帰れないというプレッシャーから、彼は声を出すことに成功する。
凄い戦略だ。連帯責任を使うなんて…
彼は窮地に追い込まれたから力を発揮したのか…?
しかし、仲間は迷惑に思わなかったろうか?
なかなかできない彼に苛立ったりしなかったろうか…?
そんな疑問の中ふと、頭に浮かんだ。
イヤ違う。励ますってこういうことなのだ。
彼が苦しみながらできない自分と決別しようともがいているのを、
仲間達は知っている。
そこにいる子たちは、形は違っても、みな同じ苦しみを乗り越えてきた子だからだ。
だから、まるで自分のことのように
彼に付き合えるのではないだろうか。
『まるで自分のことのように』
それは「仲間を助けるのは良いこと」などという、よくある道徳観からではなく、
自分をも助け励ます行いなのだ。
まるで他人を自分のことのように思い扱う。
それが他人を助け励ます原動力になっているのだ。
「人のために」という行為は、自分と他人の垣根を超えた、自分を、全てを助けるものなのだ。
励ますとは、そういうことなのだ。
そんなことを考えながら、5年前に訪れた、精神疾患の自助支援グループのことを思い出していた。
そこの責任者の言葉だ。
「ここでは、薬や症状に苦しみ、周りに当たり散らす人がいても
それをみな見守りながら、じっとやり過ごしているんです。
一言も何も言わず」
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | カウンセリング&セラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする