2010年09月19日

猛牛が襲って…

1ヶ月ぶりのブログ。
ちょっと忙しかった…
今朝みた夢。
私は実家に居る。
実家には母がいて、私はベランダから外を眺めている。
ベランダの外は、草が生茂る共有の庭状態なのだが…
そこの木陰に子どもゴリラが居ついている。
私は母に「ゴリラなんていつからいるの?」などと聞いている。
実家の団地の敷地は、60年近く経っているのでそれこそ、
ジャングルのように植物が皆、高木になっているのだけれど…
最近、どこかから逃げ出してきたのか、野生が侵食してきたのか、
猛獣やらが敷地内にウロウロしているらしい。
それを追いかけて調査捕獲しようとしているのは、なぜか西洋人の研究者たち。
ベランダからも、その様子を見ることができた。

場所が変わって、今度は家の近くの外の道路に止めてある車中。
私は、母と何か話をしている。
するとどこからか大型の猫らしき影が見えた。
大猫?ヒョウ?トラ? 遠いので良く見分けがつかない。
腰を低くして何かから逃げているようだ。
道路に止めてある車の下に逃げ込んでいる。
少し経つと、車の後部から牛がやってきた。
牛といっても乳牛ではなく、闘牛に出てくるような牛。
あれ?この牛、さっき調査捕獲の人たちが捕まえようと追いかけてた牛じゃ…
私たちの車を通り過ぎたと思ったら、ハタと立ち止まり、こちらの様子を伺っている。
マズイ…ここにいるのがバレたようだ。
この牛、さっきかなり暴れて逃げていたはず。
私は車中で母と話していたが、なぜか車のドアを開けたままだった。
牛は、ドアを凝視している…
このままじゃ体当たりされる、さて、ドアを急いで閉めるべきか?
興奮させぬようこのままいるべきか…

という所で目が覚めた。
目が覚めた後「そうだ!何かおとりのものを車から投げてその隙に閉めればいい」
「手榴弾みたいに投げた後、音がすればびっくりして逃げていくかも…」
「何かないかな…」
ずっと真剣にその策を考えていた。
もう夢は終わっているのに たらーっ(汗)
posted by メイ・シオン at 23:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | 夢のお告げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする