2010年12月28日

ネコ年からウサギ年へ

101228_1341~0001.jpg 101228_1343~0001.jpg
占い師ますみんこと瑞桜先生からネコとウサギが届いた。
一番の配送で箱がまるでクール宅急便のようにヒンヤリ。
中を開けるとピンクと白のうさちんキャンドル。
アンド、ちびたネコちんキャンドル。
ヒンヤリしたうさちんキャンドルは、
昔、雪が降るたびよく作ってた雪ウサギみたい。
ネコちんは、巣篭りしてるみたいでカワイイ〜
でも…なぜに今頃お届け物が…
こりは…お歳暮?
我が家にとっての初のお歳暮なのか?
ヒミツはこれ
http://plaza.rakuten.co.jp/masumin21/diary/201012070001/
瑞桜先生のとこでうさちんのことつぶやいたからと思うの。
玄関の干支飾りにうさちんを飾って…
玄関にはネコ軍団飾りもいるのでねこちんもそのお仲間に。
で、この写真撮ってて思ったのだけど、
うさちんが紅白饅頭のように見えてきたのは私だけ…?
瑞桜せんせ〜ありがとう〜!
posted by メイ・シオン at 23:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

アロマリーディング結果を書きながら

アロマヒーリングフレグランス講座のリーディング結果を次々発送している。
講座を行ったはいいが、創作した内容の説明をつけているので、その作業がなかなか大仕事。
講座は心についても触れている。
本来なら一人ひとりカウンセリング形式で提供するものなので、
講座内では、他の参加者がいる手前ひとりずつコメントできない。
それでは片手落ちになってしまうため、コメントは後から文章でフォローする必要がある。
口頭で説明すれば早いが、文章に残すことで何度も見返せる利点もある。
一度読んでサラッと流していた部分も、時間が経つと実感できることがある。
書いて残すのは、そういう意味ではとても有効だ。
しかし、言葉なら正確な語句でなくても、ニュアンスで伝えることもできるが、
文章では顔を見ながらではないので難しい。
だがこれは、私にとって言葉や文章の勉強にもなる。
どんなに本を読もうとも、どんなにハウツーの講座を受けようとも、
実体験に勝る学びはない。

ぴったりした表現を探しながら文章を紡ぐ。
そんな作業もわりと好きだ。
ただ、もっとボキャブラリーがあったら良かったと、子どもの頃の勉強不足を悔やむ。
どうか上手く伝わりますように。
願いながら一つひとつ送り、約30名分終了まであと一息だ。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

熟成した帽子

101222_2253~0001.jpg忘年会に出かけるのに、ある帽子を探していたら、違う帽子を発見!
タグがついたままで、買ってから一度も使ってないあせあせ(飛び散る汗)
調布に引越してから一度も見てない帽子ケースにあったから、少なくとも10年モノと思われ…
洋服も熟成させがちだけど、10年寝かせるとは…
せっかく見つけたので、探してた帽子を諦めこちらをお供させることに。
出てきてくれてありがとう。
ずっと待たせてごめんね。
posted by メイ・シオン at 23:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

フレグランス講座 in 青砥

5回目のフレグランス講座が終わった。
今日は人身事故で電車が遅れてヒヤヒヤ。
無事、間に合って良かった。
今日はティーンエイジの参加者もいて、違う意味で緊張。
より簡単な言葉でわかりやすく…
この時間と経験が、不快なものであってはせっかくのアロマが台無しだ。

回を重ねる毎に色んなことが勉強になる。
間に入れるおかずは適切なのか?
進め方はこれでいいのか?
飽きさせず進めるのに、どうしたらよいか?
いつも寝不足でギリギリな体調で、頭がクリアでない自分に反省点ばかり出てくる。
参加者に創ったフレグランスにはメッセージを付けるが、
私自身が同じ方法で創ったモノへのメッセージの一つは
「自分の限界を超えて頑張ってしまう人のため」
それを見ながら、そんな風に結果が導き出されるのね…と、当たっているだけに複雑な気持ち。
自分の完璧主義とのお付き合いも疲れるけど、もう慣れっこだから、
地道に行こうと決意すると晴れ晴れとしてくる。
今年の講座は来週が最後、あともうひとがんばりだ。

2010/12/21(火)あなただけのアロマヒーリングフレグランス講座
http://maysion.seesaa.net/article/171869608.html
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

自分の人生を生きること

やっぱり仕事を抱えすぎる。
ブログが書けるのは、出かける行き帰りの電車で下書きする時間のあるときだけ。
仕事しすぎで溜まった処理がありすぎ…
いつもならそれだけで頭がいっぱいで、ショートしながらイライラと宇宙人に当たったりするのだけれど…
なんだか今回は「焦ってもできることしかできない」という事が、心の底から湧いてきて、
ただ目の前のことをコツコツとやっている。
憶測を見誤った自分のミスだが、だからといっていい加減に「終わらせる事が目的」にできない。
「本来の目的を逸脱するのならやるな」と私自身が言うのだ。
そういう自分に振り回されたり、極限まで自分に働かされても、
私が私を置いてけぼりにできない限り、自分に忠実にあるしかない。
「なんで私ばかり…」と、家でヒマを持て余しゲームをする宇宙人を尻目に、
「時間を恵んで欲しい」とか「私の変わりに家事をやれればいいのに」と思いながらも、
自分の身になるための作業に、自分の時間、自分の人生につぎ込めるのは、
やることがなくてゲームに人生を使っている人よりも、幸せかもしれないと思うのだった。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | カウンセリング&セラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

14日講座 時間変更のお知らせ

12/14の講座は時間が変更になりました。
13:30〜16:30から 15:30〜18:30に変更。
残席1名となりました。

日時:12月14日(火) 15:30〜18:30
受講料:3000円(材料費込み)
定員:6名(残席1名 先着順)
場所:英会話AEC 青戸本校内
http://www.a-aec.com/access.htm
東京都葛飾区青戸3−39−7 一周ビル3F
京成線 青砥駅より徒歩1分。
申込締切:12/11(土

講座の詳細はこちらへ
http://maysion.seesaa.net/article/171869608.html
posted by メイ・シオン at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

ひとコマ猫

101209_0012~0001.jpg先日、くろやぎさんからいただいた猫クッキーです。
ばくばく一人で食べました。
さて、タイトルの「ひとコマ猫」ですが、通販生活で開催してる、
猫の写真に台詞をつけてつくる猫のひとコマ作品です。
グランプリ賞金が、なんと2,222,222円!
これは!? という作品ができたら応募しちゃいましょう〜
★第1回ひとコマ猫グランプリ 
http://cataloghouse-cat.jp



posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 猫・ねこ・ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

猫展@銀座&水瓶座集会

今年も冬の催しの一つ佐山氏猫展へ行った。
たぶん、もう2年前になると思うけど、水瓶座集会があった。
その時、友人Mさんから同じ水瓶座星人のSさんをご紹介いただいた。
私が好きな猫作家の佐山氏とSさんがつながっていたことがわかり、
そして皆、猫好きが共通することもあり佐山氏猫展で集結した。
別な意味での猫集会。
Sさんはマイミク(mixiの友)さんなので交流はあるが、なかなかお会いする機会もないので、
今回もMさんにお話して猫展をダシに水瓶座集会を整えていただいた。
直接、お会いする機会はそうそうなくとも、ネットでやりとりがあると、
もうずいぶんと面識があるような感じがするから不思議。
昔の人はこれを手紙によって行っていたのだろうな。
猫展の行われている画廊に行った後、銀座プランタンでの猫催しに寄り、
遅いランチとともに、水瓶座集会が開催された。
なんかこう命名するとすっごい集会みたいだが、共通する興味のままに、
お話するだけのことなんだけども(^_^;)
私は前々から、人が共通して疑問を抱いたことがあるであろう「あるテーマ」の一つを伝えておかなければと思っていた。
色んな所で小出しにはしているけれど、集まった水瓶座星人にはどうしても、心のどこかに留めておいてほしかったから。
私が言わずとも、すでにわかっている事かもしれないが、たぶんこれから先、起こりうるであろう共通する体験に、重要なポイントなんじゃないかとずっと思っていたからだ。
本当はもっと緻密な内容なのだけど、ひとまずニュアンスだけは披露できたので、使命は果たした気分になっている。
と曖昧な表現でしかできない内容だけれど…
いつか、ここにも載せられる日が来ると思う。
101206_2311~0001.jpg今日のおみやげ品。
MさんもSさんも、いつも手土産を持ってきてくださる。
私は贈り物ベタで、しかもほとんど出かけないので、家のモノでアロマ系のお守りを創って持参。
今日は、なんだか早いクリスマスみたいになっていた。
猫がいっぱい…
毎年恒例の佐山氏カレンダーもゲットした。
楽しい時間ほど、あっという間に過ぎてしまう。
別れてから、あっ!あれも話そうと思ってたのに…とお忘れ物に気づいたりして。
またの集会までに、ちゃんと整えとこ〜
101206_2309~0001.jpg
写真を撮ろうと並べたら、ネルチェックが入ったの図。
posted by メイ・シオン at 23:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 猫・ねこ・ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更年期にもハーブチンキ

先々週、風邪でダウンしエキナセアとエルダーのハーブチンキで免疫を上げて、どうにか熱を下げた。
しかし、今日、夕食時に耳鳴りがしてから何か変!
う〜ん。気圧の変化か…? という感じだったのだけれど…
その後、なんだか頭が重く頭痛がしている。
熱が出ている感じの頭痛だ。
あれ〜また風邪なの?
そこで、先手を打ってエキナセアとローズヒップのチンキを取り、ビタミンCと酵素も飲む。
これで治るかな…
少し経ってから考えた。
待てよ?耳が熱い。ということは熱を帯びているということだ。
しかし、身体はだるくない。
ひらめき
この頭痛はもしや!?
そうだ、たぶんこれだ。
「更年期症状」
ホルモンバランスが崩れ、必要なホルモン分泌が下がると、それに伴って不定愁訴がでる。
この頭痛は、いわゆるホットフラッシュの症状からきているに違いない。
そこで、違うハーブを導入。
ラズベリーリーフとチェストベリーのハーブチンキ。
それからブラックコホシュのハーブサプリ。
1時間ほどすると、いつのまにか頭痛が消えていた。
やっぱり、チンキは液状だから早いなぁ
自分の身体は、身体の声を聞いて自分で治す。
でも、その身体の感覚をしっかりと覚えていて、聞き分けるのが大事だね。
posted by メイ・シオン at 02:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | ヘルシー&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

あなただけのアロマヒーリングフレグランス講座 5、6回目

大好評だったヒーリングフレグランス講座の5回目、6回目を開催します。
開催のブログ
http://maysion.seesaa.net/article/168642066.html
参加希望者が複数なため追加の講座です。

【テーマ】
「あなただけのアロマヒーリングフレグランス」

【クラフト内容】
あなただけのアロマヒーリングフレグランス(リーディングシート付)
精油とフラワーレメディを用い、心に働きかけるあなただけのフレグランスを作ります。
後日、作ったフレグランスのリーディングシートをお送りします。

【参加者の声】
・これを体験したことで希望が持てそう、出来上がったものが楽しみです。
・とても説得力?のある内容でした。楽しかったです。
・アロマについての話は初めてでしたので、大変興味深く聞かせていただきました。ありがとうございました。
・香りについて学べたのが良かったです。(脳に)ダイレクトというのは聞いていましたが、きちんと説明が聞けて良かったです。
・10年以上前にアロマを知りましたが、自己分析をして香りを作るなんて思いもしませんでした。とても楽しかったです。
・自分で気づいていなかった内面を知ることができ、嬉しかったです。
・とても楽しく時間が過ぎました。最初はどうなるのか?と思いましたが、最後には納得しました。
・色々な方の出来上がりが楽しく、また自分の調合が意外でした。次回もぜひ参加させていただきたいです。

【12/14の講座】
日時:12月14日(火) 13:30〜16:30 時間変更しました 15:30〜18:30
受講料:3000円(材料費込み)
定員:6名(残席1名 先着順)
場所:英会話AEC 青戸本校内
http://www.a-aec.com/access.htm
東京都葛飾区青戸3−39−7 一周ビル3F
京成線 青砥駅より徒歩1分。
申込締切:12/11(土)

【12/21の講座】
日時:12月21日(火) 13:30〜16:30
受講料:3000円(材料費込み)
定員:6名(残席4名 先着順)
場所:アストレア アロマスクール内
http://www012.upp.so-net.ne.jp/astraea/
東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目29−2
半蔵門線 水天宮より徒歩1分。日比谷線 人形町より徒歩4分。
東西線 茅場町より徒歩8分。
申込締切:12/18(土)

他ではあまりない面白い趣向のフレグランス創りです。
しかも、今のところモニター価格で大変お得になっています。
みなさまのご参加お待ちしております。
参加希望の方はこちらのお申込みフォームからどうぞ。
http://form1.fc2.com/form/?id=560941
posted by メイ・シオン at 02:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

フレグランス講座4回目終了しました

4回目を迎えたアロマヒーリングフレグランス講座が無事終了しました。
アロマの日のイベント講座として開いた講座が、こんなに続けて開催できるとは思ってもいませんでした。
講座に参加してくださった方々が、口コミで宣伝していただいたおかげで、
参加希望の方が次々と増えて、追加に続く追加の講座を行ってあれよあれよという間に4回目。
他の方にもご案内したところ、参加希望者が集まり6回目までの講座を予定しています。
自分で言うのもおかしいですが、ただの自然香水とは違い、精油選びも趣向を凝らしているので、
みなさんワクワクと楽しみながらフレグランスを創香しているのだと思います。
自分が好きな香りのみを組み合わせて創ると、どれも同じような嗜好のものが出来上がりますが、
そういった枠から離れた創香というのも、魅力の一つかもしれません。
一人ひとりに合わせた心理的アプローチで「心に働きかける」をテーマに創るので、
そういったゲーム的な楽しみ方もあるのだと思います。
この講座は、アロマの日イベントとして、突然思い立って企画しましたが、
アロマと心理を融合させた私の目標とする分野で、ずっと温めてきた企画です。
私自身「こんなフレグランスの作り方で私のためだけの香りがあったら…」という発想がありました。
そこに、身障者向けの雑誌に携わる友人が、そこのイベントとして何か企画できないか?
と持ちかけてくれたのが企画を練るきっかけでした。
企画自体は、実施されませんでしたが、そのことがなければこの講座はなかったと思います。
そうやって考えると、私はなんとラッキーな人間なんだろうと思います。
アロマサロンを始めたのも、アロマスクール講師を始めたのも全て友人からの紹介やお誘いでした。
そして、今回の企画も友人が投げかけてくれたものが土台となり、友人が口コミで宣伝をしてくれました。
そして、私が楽しいだろうな…と思ったものが、講座を通してその輪がどんどんと広がっているのです。
みなさんが楽しそうに創香しているのを見ると、私もワクワクしてきます。
それを可能にしてくれた友人に恵まれて、あらためて感謝の気持ちでいっぱいです。
4回目を無事終了することができホッとしているところですが、
引き続き5回目を12/14(火)青砥、6回目を12/21(火)水天宮で開催します。
詳しくはこちら
http://maysion.seesaa.net/article/171869608.html
興味がございましたら、ぜひご参加くださいませ。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

アサーション講座で

先月、市の福祉施設が主催するアサーション講座に行った。
ファシリテータはNPO法人アサーティブジャパンの方。
無料なこともあり定員80名のところ満員だった。
参加者の一人は「心理に関することを必要としている人が多いのね」と言っていた。
それだけ人間関係に問題意識を持つ人が多いのだろう。
アサーションとは、コミュニケーション法の一つで
「自分の気持ちを相手を傷つけたり不快に思わせずに正確に伝える」技術。
カウンセリング分野の技術の一つと言ってよいだろう。
アサーションで定義している人間関係の持ち方は3パターンあり、
1つ目は、自分を優先し他者を踏みにじる攻撃型(アグレッシブ)。
2つ目は、他者を優先し、自分を後回しにする非主張型(ノン・アサーティブ)
3つ目は、自己も他者も配慮する適切な方法、これを「アサーティブ」と言っている。
不適切なコミュニケーションモデル(パターン)として3タイプあげている。
(念のため、アサーティブジャパンがわかりやすいように作ったモデルと思う)
攻撃的で相手を一方的に責める「ドッカン」、
受け身的で意見が言えない「オロロ」、
作為的で相手をコントロールして遠まわしに攻撃する「ネッチー」
例えば、並んでいた列に割り込みされた場合
「ドッカン」タイプであれば「あなた何やってるの!」と一方的に責め攻撃する。
割り込んだ人が、もし並んでいるのがわからなかったとしても…
「オロロ」タイプであれば、割り込まれても何も言えずにヘタするとどんどん割り込みされるハメに。
「ネッチー」タイプならば、何も言わず睨んだり、誰に言うともなしに「並んでるの普通見ればわかるよな〜」と言ってみたり…と、このような違いがあるという。
この3タイプの表現はとてもわかりやすく上手いと思った。
たいていは一つに片寄らずいくつかを使い分けているが、習慣的にどれに片寄りがあるかで自分のタイプがわかる。
タイプを明らかにして、その方法を変えていく技術なので、認知行動療法の一つと考えてよいだろう。
講座自体はほんのさわりなので、宣伝講座と言ってよいが、私は来ている人への方に興味がいってしまった。
うつで回復期の人や明らかに重度の疾患で、社会生活が困難であろう人などなど。
問題を抱えている人が本当に多いのだと実感した。
どうしてこんなになるまで我慢しなければならなかったのか。
誰かに相談したり、周りの人は気づかなかったのだろうか?
そういう疑問が湧くのだが、相談できる人ならば重症にはならないし、周りが気づくも何も、周りさえ問題だからそうなる可能性が高いのだ。
参加者の中で重症な人と、そうでない人との問題意識の隔たりを感じながら、病んでいる人がこんなにいるのは、やはり異常な事態だと重さを感じずにはいられなかった。
重症患者はいつ治るともわからない闇のトンネルの中で、何年も薬を飲み続けることになる。
しかもそれは根治のための薬ではない。
医療費削減策を真剣に講じるのならば、国家レベルでもっと真剣に取り組まなければならない問題なのではないだろうか。
多くの患者を救い、国の経費を減らし、労働者を増やし、更に納税者も増える。
米国ではとっくのとうにこういったシステムが作られている。
こんなにも当たり前のことが、いつまでも整備されないことにがっかりする。
そう思いながらも、成すべきことを一つずつこなすしかないのだなと思い至るのだった。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング&セラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

新宿に北海道の仲間たち

101201_1248~0001.jpg
あれ!
見つかっちゃったよ…

101201_1249~0001.jpg
まだ子どもですが何か?

101201_1248~0002.jpg
ゴマちゃんで〜す

北海道物産展の呼び込み仲間たち。
posted by メイ・シオン at 22:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする