2011年03月19日

ロフトの片づけ 3/13のこと

地震から2日後の3/13。
2人揃ったのでやっとロフトを開けられた。
一人だと、開けた途端にガラガラと色んなモノが落ちてきたら危なかったから。
そう思っていたが、意外にも落ちてきたのは、空のダンボール数個だけだった。
しかし、案の定、中はぐちゃぐちゃ。やはり本はダメなんだな。
110313_2.jpg 110313_1.jpg
本といえば、マンション1階がブックオフなのだが、地震当日、夜の10時頃もいつも通り営業してた。
棚から落ちなかったのか? 次の日も通常営業だったし。
さて、ぐちゃぐちゃになったロフトは片付けたが、実はその一週間前に、少しロフトを片付けていた。
畳の表替えのため、本棚を移動しなければならず、本をダンボール箱に詰めるのに、
ロフトにあるダンボールをあさっていたからだ。
110304_tatami.jpg 110313_3.jpg 110313_4.jpg
いつもなら、箱だけ探し片付けは次の機会にとする所だが、なぜかその時、整理しておこうと思った。
もっというと、この畳替えのおかげで、本棚やパソコン机も一度移動し元に戻すことをしており、すこぶる整理された状態だった。
もし、地震が一週間前だったら、プリンターも居間のフローリングに落ちたろう。
一週間前だったら、風呂の換気扇も修理していた最中なので、ダクトで作業中のちっちゃいおじいちゃん作業員も大変な事になっていたはず。

この修繕も、実は11月には見積もりを頼んでいたにも関わらず、担当者の手違いでずーっと放置され、やっと都合を合わせた日程だったのだ。
色んな事が重なってラッキーを呼んでいた。
本当に何かに守られてるというべきか…
残念なのは、ロフトにあったおばあちゃんからもらった羽子板。
落ちてかんざしが、はずれてしまった。
おばあちゃんが25年位前に、孫らに形見にとプレゼントしてくれたもの。
現在100才で施設にいる。
まさか、関東大震災もこの震災も経験するとは思ってなかったろうな。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする