2011年09月30日

カウンセリング講座体験会「自分と他人をわける」を終えて

2011/9/29のカウンセリング講座体験会「自分と他人を分ける」は、無事終了いたしました。
9名の参加者を迎えて、私もドキドキしながらの講座でした。

講座では、自分と他人を分ける方法をご紹介しました。
自分と他人(他者)を分けることで、自分自身の思い込みに気づきます。
思い込みが意識できると、無意識の思い込みから自由になることができます。
無意識の思い込みとは、自分だけの価値観です。
人は、他の人と関わりながらも、自分だけのストーリーの中で生きているのです。

ご参加いただいた方からのご感想。

************************************
久々に自分を見つめ直す時間が持てました。
まさに、今朝、子どもと言い合いになり、
子どもに「怒って言わないでよ」と言うと、
「怒ってないよ」と言い返されました。
子どもが怒っていると思ったのは私。
思い出すと可笑しいです。
************************************

このようなことは、日常によくある出来事ではないでしょうか。
子どもが怒っていると思ったのは私。
まさに、自分だけのストーリーの中で起きた体験のようでした。

実は、そこかしこに気づきの種は埋もれています。
日常の出来事から、自分だけのストーリー(思い込み)を探っていく方法は、
とても手軽で、誰にでもできる方法です。

参加者の方から、この続きの講座をという声もいただきましたので、
続きの講座も計画しております。
場所があれば、出張講座も可能です。
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。
http://form1.fc2.com/form/?id=560941

**********************************************
こころと体 ホリスティックな癒しをあなたに
カウンセリング・アロマセラピー・ヒーリング
立川 アロマシオン
http://aromasion.maysion.com
**********************************************
posted by メイ・シオン at 22:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | カウンセリング&セラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

回転木馬


今こそ「翼のない鳥」を読まなくちゃと思い、アマゾンで樹村みのりの本を探していたら、大矢ちきの「回転木馬」がオススメに入っていた。
ずっと探してたんだよね。
全編を読めなくて、最終回だけ読んだ記憶が…全部読めずに40年近くもんもんとしてた。
古本で買うには古すぎだし部数少ないだろうしと諦めていたが…
まさか復刊してたとは!
ここで買わなきゃ一生タイミングを逸すると即注文した。
待ってみるもんだと、最近しみじみ思う。
昔、ビデオなどなく、テレビとカセットの入出力ジャックもなかった時代があった。
カセットにテレビ番組を全編撮ろうと試みてる最中に、家族が突然帰ってきて話し声が入ってしまった時、どれだけ嘆いたか!!
あの当時、たぶんどの家庭でも、結構なイザコザに発展していたのはなかろうか。
二度とないからと、大事にとっておいたものが、
あっさり復刻されると、あの苦労は何だったのかと思う。

読み終えてすごくすっきりしたが、漫画の中身は大した話しじゃない。
この時代、なぜか実は異母兄妹とか、病院ですり替えられたとかいう設定が多かった。
恋人同士が実の兄妹と分かり…とか、超貧乏が実は大金持ちの娘だったり…とか、
それが悲劇になるのだけど。
子どもへの脅し文句で「あなたは本当は川で拾った子なのよ」というのが定番だった気がする。
しかし何で川なんだ?
桃太郎じゃあるまいし。
海だって山だっていいじゃないか?
あっ!山じゃ捨てる方(姥捨山)だから山じゃないとか?
なんら根拠はわからないけれど、そういう時代だったのかな…
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

愛がないんだよね

この間、震災復興のTV企画で「愛の貧乏…」の特番があった。
TVなので演出かとは思うけれど、いつものようにダメチャレンジャーがいるわけで…
そして、それに激を飛ばす達人がいた。
「作る側にとってはラーメン一杯だが、お客様は何時間もかけて食べにくるかも知れない。
お客様のことを考えろ!愛だよ愛!」のような言葉をダメチャレンジャーに投げかけていた。
いつもなら、当たり前の事とスルーしてしまうシーンだが、心にズシリときた。
食べる人の事を考える。
私は料理が大嫌い。
時間をかけても一瞬でなくなる食作りほど虚しいものはない。
食べることにも執着はない。もし可能なら宇宙食でいいくらい。
だから、生きるための栄養摂取さえ整っていれば、味とか見てくれなどどうでもいいような所がある。
10代から毎日毎日、ご飯を作って辟易しているので、食べものなんてエサの感覚があったのかも知れない。
宇宙人夫は不味いと平気で食べものを残すし、あからさまに感じが悪い。
そんな行為を心の中でさげすんで、道徳観念で裁いていた。
平気で食べ物を残す、なんて躾の悪い人。
大人げない…まるで子どものような行為。
子どもじゃないんだから、だったら自分で作ればいい。
などなど…
けれども、もし、
とても楽しみにしていた食事が、不味かったとしたら…誰でもがっかりするだろう。
「愛がない」
そう、食べる人を思いやる愛が、私にはまるでなかった。
美味いとか不味いとか以前に、美味しく食べて貰おうという愛情など、
これっぽっちもなかったのだと気づいた。
宇宙人夫は何度となく「イヤイヤやるなら作らなくていい」と私にキレまくっていたけれど、
やっとその意味がわかった気がした。
あきらかに子供じみた方法と、その表面ばかりに目を奪われていたが、
本当に訴えたかったのは、
義務感で作る飼料ならば、要らないという意味だったのではないか…ということ。

最近、忙殺されているが、やっと心模様の勘が戻りつつあり、
また色んな気づきに繋がるようになってきた。
これも、細く長く15年も続けてきた、カウンセリングの学びのおかげだな。

*************************************************
「カウンセリング講座体験会」(千葉県市川)
http://maysion.seesaa.net/article/223743462.html
2011/9/29(木)10:00〜12:00
参加費1000円 申込締切:9/23(金)
申込→ http://form1.fc2.com/form/?id=560941
*************************************************
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | カウンセリング&セラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

夢ってなんだろう?

今思うとお知らせの夢かと思うものがいくつかある。
友人に指摘されて気づいたのだけれど、大津波の夢を二回見て、
有り得ない高波が眼前に迫っているのに二度とも、私はのまれていない。
夢参照→http://maysion.seesaa.net/article/130292364.html
波が来る時は、スロービデオを見ているようにゆっくりと水位が上がる。
これが妙にリアル。
災害の恐ろしいのは引き潮。
私は水害にあっていないので引き潮のシーンは出てこない。
他にこの世の終わりのような夢も見ていた。
「夢のお告げ 祖父の葬り」
http://maysion.seesaa.net/article/180402876.html
40年以上前に亡くなった祖父の遺体が見つかり、完全に朽ちている鉄柱が錆だらけの工場跡地のような建物で、確認をしなければならないシーン。
現実にはとっくに埋葬されているのに…という不可思議な夢。
出てくる建物は、震災で被害にあってそのまま放置されている建物さながら。
これが自分に起きる出来事なのか、見ている事なのか…
そんな夢を見たからといって、自分に何ができるだろう。
心の準備?
確証もないのに予知だと言って、人々に吹聴する?
そんな無責任なことできるわけもなく、言ったら狂人扱いだろう。
いづれにしても、お知らせは何らかの形でやってくるけれど、それを読みこなせないと役立たずということ。
さて、夢の不思議に触れたけれど、夢って何で「夢」というのだろう?
未来に持つ希望も夢。
無意識の間に見るあたかも体験しているような非現実も夢。
辞書によると、
睡眠中に、あたかも現実の経験であるかのように感じる一連の観念や心像。
将来実現させたいと思っていること。願望。

どちらも実体のない心象であり、現実(現在)でないことは一致している。
同じ言葉を充てた意味を知りたい。
語学専門家に聞けばわかるかしら。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 夢のお告げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

カウンセリング講座体験会のお知らせ

ストレスのNo.1は対人関係
現代人は、さまざまなストレスとともに生活していますが、社会生活において、最もストレスとなっているのは、対人関係といってよいでしょう。
例えば…
会社の上司と折り合わない。
部下が思うとおりに育たない。
仕事は好きなのに、会社の○○さんと、仕事をすると思うと、気が重くて会社に行きたくない。
また、家庭生活では…
子どもがいうことをきかなくてイライラする。
夫は私の話を理解してくれない。
妻と姑の間に挟まれてどうして良いかわからない。
ママ友達といるとなんだか疲れてしまう。などなど
これらの対人関係を根本的に解決するには…

講座は、日常にある出来事を書くことによって、自分と他人を分ける方法の体験講座です。
自分と他人を分けることで、自分自身の思い込みに気づきます。
思い込みが意識できると、無意識の思い込みから自由になることができます。
日常の出来事を取り上げることで、人間の心のカラクリを、
自分の体験を通してリアルに気づくことができます。

心理関連のさまざまな本を読んだりセミナーに通って、理解できたはずなのに、
それが継続せず元通りになってしまう。
頭ではわかっているのに、心が取り残されている感じがする。
そんな方にオススメです。

●開催日時::2011/9/29(木)10:00〜12:00

●会場:市川市男女共同参画センター Dルーム
千葉県市川市市川1-24-2 JR市川駅、京成線市川真間駅より徒歩3分

●参加費:1,000円

●持ち物:鉛筆やシャーペン、ラインマーカー、消しゴム

●開催人数:5名から(人数に満たないと開催できないことがあります。ご了承ください。)

●申込締切:9/23(金)

みなさまのご参加お待ちしております。
参加希望の方はこちらからお申込みをどうぞ。
http://form1.fc2.com/form/?id=560941
**********************************************
こころと体 ホリスティックな癒しをあなたに
カウンセリング・アロマセラピー・ヒーリング
立川 アロマシオン
http://aromasion.maysion.com
**********************************************
posted by メイ・シオン at 03:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング&セラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする