2011年10月30日

健忘歴に新たな1ページが…

これも老いなのだろうか。物忘れが激しい。
細かい忘れ物というのはあっても、サイフを落としたり鍵を落としたりなどという、とても大事なものを落としたりしたことがない。
しかーし、ついに「ありえないだろう…」という忘れ物をしてしまった。
先日、銀行ATMで記帳をしていた。
預かった通帳などもあり、自分のものを含めて3つ記帳をした。
その後、並んでいた人がなぜか空いたATMを使わず立ち止まっていた。
怪訝に思ってよく見ると、白杖を持った人だったので、機械が空いたことに気づかないのだとわかり、自分が使っていたATMへと誘導した。
家に戻り、いつもならすぐにはやらない家計簿への転記をPCにしようとして、預かった通帳がないことが発覚。
あっ! そうだ…3つあったので目の前の棚部分に置いて「ここに置いても忘れないように」と、思ったことを思い出した。
ほんの数十分前の出来事だ。
「通帳がそのまま誰にも気づかれずありますように…」家を飛び出してATMへと走った。
しか〜し、通帳は影も形もなく…
ATMにある電話を通じて、忘れ物について尋ねたが結局見つからなかった。
忘れたのが自分の通帳ならまだしも、他人(家族)の通帳。
「悪用されたら…いやいやまだ家のどこかにあるのかも…」と家に引きかえしたがやはり無い。
仕方なく、交番へと出向いた。
ここに無ければ、銀行でストップしてもらわなければならない。
交番へ行き落としたものを告げると、通帳の名義を聞かれた。
そして、「家族の?」とも聞かれ…はて?何で知ってんの?
色々と手続きをしていくうちに、通帳の持ち主と私の関係性についてあれこれ聞かれた。
戸籍謄本でもとれば、家族とわかるのだけれど姓も違うため、本人に電話などで確認してもらうしか術はない。
といっても、電話の相手が本当に本人かということすら確証はない。
実は、私が来た時点で、落し物はすでに届けられていた。
しかし、私の身元確認はできても、遺失物の持ち主と違うため、警察の人も確認作業が必要だった。
最後には、通帳の支店名だとか出納の様子だとかを聞かれて、それが合致したため無事手元に戻してもらえた。
こんな失態は過去にない。
こういうことには、かなりしっかりしている(つもり)なのでとても凹んだ。
ATMで人の世話を焼いているより、自分のことをしっかり監視しなければ…と思うのだった。
posted by メイ・シオン at 02:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

ホームページがリニューアルしました

アロマシオンのホームページをリニューアルしました〜
http://aromasion.maysion.com/
まだ途中部分もありますが、足掛け10日で何とかなり(汗
今度のサイトはプロフィールも載ってます〜
写真も撮り直したいけど財政立て直してからですたらーっ(汗)
肝心の看板が新品のものになってないのですが…
もう少し余裕が出てからの作業に。
明日からは、カウンセリングの添削でまたカンヅメです(涙
posted by メイ・シオン at 02:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

「彼らの犯罪」-樹村みのり-



古い漫画「翼のない鳥」を探した末、たどり着いたのは、樹村みのりの近年の本だった。
(といっても書かれたのは90年代のはじめだが)
70年代に青春を過ごしていた樹村みのりらの年代は、当時の少女向け漫画にも、その影を残しているものが所々あった。
そういうモチーフにまったく触れない漫画家と、社会を反映させる漫画家とがいたが、樹村みのりは当時から後者の方だったと思う。
曖昧もことした人の心もようを描くと秀逸だった。
そういう作家達は、凄いヒットを飛ばすことなく、そのうち姿を消したと思っていたが、知らない所で大人の読む漫画を描いていた。
ささやななえもその一人だが、数年前、彼女の描いたDVを題材にした本で、そのリアルな内容に物凄く気分が悪くなった。
しかし、今回の樹村みのりの「彼らの犯罪」もそれに匹敵するものだった。
話しは女子高生コンクリート殺人事件の裁判を追ったものだ。
この事件で一番に疑問だった、監禁された舞台となった家人のことを理解できた。
この家の大人と少年たちとの関係は、まるでDV家族のようだったのだと。
大人たちはナメられていてまるで無力だった。
彼らの残虐さは、吐き気をもよおし食欲を失くさせるのに充分すぎるものだったが、
その内容は、裁判中のやりとりとして淡々と事実だけを表しながら描かれている。

他にも「親が 殺す」は、家庭内暴力の息子を父母が共謀して殺害した事件。
父母ともに、社会ルールでは申し分ない実直な人柄で、父は高校教師。
しかし、決してエリートならではの事件、というようなくくりで片づけられるものではなく、
家族という狭い囲いの中で起きる、人の心理の異様さを感じる。
父母ともに、よそに相談することもなく、もう限界だと殺すことしか思いつかなかったという。
そして、それは学校に辞表を出したその日、息子が寝静まった後に計画的に行われ、
殺さないでと懇願する息子を、もう遅い親の手で死なせてやると、滅多刺しにする。
殺害シーンを振り返るネームの上手さ、そして息子の心の声の描き方には心をつぶされる。

お父さん
こわい夢を見たよ
お父さんと お母さんが ぼくを殺そうと
部屋に入ってくるんだ
ああ 本当にこわい夢だった
夢で……よかった……

やっぱり樹村みのりの「翼のない鳥」は探して読もうと、あらためて思うのだった。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング&セラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

Twitter・Facebook活用講座にいく

5時半に宇宙人夫のお弁当を作った後、また寝てしまった10時過ぎ。
電話が鳴った。
きっとセールスだろうとムシしていると携帯が鳴る。
はて…?こりはもしや…と思い番号を見ると見覚えがある局番。
キャンセルがでたのか?
何のキャンセルかというと、市の創業支援主催の「twitter・Facebook講座」
この講座日はちょうど空いている日だったので、行こうかと思っている間に満員になっていた。
しかし、当日キャンセルが出るのではないかと思い、28日に急遽キャンセル待ちに登録していた。
その結果連絡が昨日あり、キャンセル待ちが既に5名いたので該当しなかったということだった。
まぁ、5名じゃムリかなぁ〜と思っていたら、
今朝、急遽キャンセルが出たので、連絡をもらえたのだった。
なんとなくそんな勘はあったのだ。

市の主催などだと非常に安価で、中には無料というのもある。
人の心理とは面白いもので、安いとすぐに申し込む。
しかし、すぐに辞めたり平気でドタキャンする傾向がある。
これが高額だと、まず前払いだから少々都合が悪くても、遅れてでも行こうとする心理が働く。

無料の連続講座だったりすると、初回だけ出て後は平気で来なかったりする。
自分が求めているものと違うからかもしれないけれど、
定員オーバーで参加したかったけれど漏れてしまった人のことを考えれば、
随分と自分勝手な話だと思うが、こういうシーンには何度も遭遇している。
だから今回の講座でも500円という料金から、絶対にドタキャンが出ると予測していたのだ。

さて、会場は家の前の建物なので、一仕事終えてから出かけたら会場は本当に満員だった。
「twitter・Facebookで売上アップ」というタイトルだったが、
ほとんどがホームページ対策の話で、私としてはちょっと残念だった。
けれども、新情報も仕入れることもできた。

今までgoogle検索で非リンクの数はポイントの一つであったが、
その非リンクの裏ワザを使いSEO対策していたサイトが、ことごとく上位検索から落ちたという。
つまり、インチキで姑息な手段のサイトをカットしたというわけだ。
う〜ん、こういう情報はきちんと把握できるよう、情報対策をしていなくちゃいけないな。
私は、そういうコロコロ変わりそうなことでSEO対策はしていないから安心だけれど、
他の人に提案するのに必要だもの。

一番知りたかったtwitter・Facebookについては、イマイチ掴みきれなったが、
サイトと連動するとどんなメリットかという所だけ押さえてきた。
使い方そのものは、なんとなく不安…
それから、WordPressを使うと何が良いのかというのもやっと意味が分かった。
それだけでも、今日の収穫はあったと思う。
残念だったのは、とても良いレジュメでありながら、参加者の途中での質問に時間を取られて、
せっかくのレジュメが有効活用されなかったこと。
自分が講座を提供する側だと、こういう点もとても勉強になる。
といいながら、私も時間配分ができないんだけれど…(@_@;)

さて、twitterはやっぱり使った方がよさそう…そして、Facebookも作るだけ作ろう。

twitter→ may_sion でやってます。
posted by メイ・シオン at 23:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする