2012年05月25日

ももとラムネの八ッ橋

TS3Y0091.jpgもも八ッ橋、ラムネ八ッ橋をいただきました。
ラムネ八ッ橋ってどんな味?
と想像しながら食べ、裏の成分表示を見ると、
元が「白あん」だったので、頭の中では白あんの味に変換されて…
情報に左右される私の脳なのだなぁと思ったりして。
posted by メイ・シオン at 02:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

道具を貸し借りする類人猿

「ライフ」というBBCが作ったネイチャードキュメンタリーを見た。
たぶん一年前に公開した映画の元だと思う。
超ハイスピードカメラの映像がスゴいしアングルも素晴らしい。
小さな昆虫から大型の哺乳類、海洋生物まで、その生態には驚かされるばかりだ。
霊長類の中には、道具を使い堅い木の実などを割ったりするものがいる。
その中でもチンパンジーは、木の実をどう置いたら割れやすいか、
どのくらいの力なら、中身が崩れないかを学習していて、
台とハンマー代わりの石などで巧みに割って見せる。
知能が高いといわれるチンパンジーだが、驚いたのは、
彼らは道具の貸し借りをするということだ。
台は持っていて木の実を割りたいのだけれど、
ハンマーとなるものを持っていないあるメスは、
近くで木の実を割るオスを見つけた。
彼女はじっと彼を見つめながらゆっくりと近寄って、
彼が握っているハンマー代わりの石の方へ、にゅっと手を差し出した。
「これ貸してくれるかな」と言わんばかりに。
すると、彼はその様子を見て、持っていた石を上向きにして動作が止まり、
「貸してもいいよ」というようにじっと動かないでいた。
彼女は、彼の手からゆっくりと石を取った。
社会性が高い動物だとは思っていたけれど、これほどまでとは思わなかった。
相手の所作や様子で、察する能力を持ち備えているのだ。
こんなことは全く想像できなくて、驚くとともに感動した。
貸す。借りる。
強引に奪ったりすることなく、ルールに沿ったコミュニケーション。
彼らよりヒトの方が劣ってはいないだろうか…と、
ふと思ってしまった。

*****************************************************************
こころと体 ホリスティックな癒しをあなたに
カウンセリング・アロマセラピー・ヒーリング、各種講座
心とからだを癒す アロマヒーリングフレグランスセラピー
セラピスト支援・サイト制作 ホームページセラピー
アロマシオン by maysion.com
http://aromasion.maysion.com
*****************************************************************
posted by メイ・シオン at 02:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

タイムアップだ!

昨晩から異様な倦怠感に襲われていた。
今日も体調が優れず、夕食の準備だけしてから、
夫が帰ってくるまで、少し横になろうと寝ていた。
30分…いや1時間くらい経ったろうか?
突然頭の中で声がした。
「タイムアップだ!」
はっ! と目が覚めたその瞬間、夫が玄関を開ける音がした。
あっ…もう帰ってきちゃったか…
心の中でそう思いながら「何がタイムアップ」なんだろう?と疑問が湧いた。
たぶんそれまで夢の世界に居たような気がする。
現実世界に戻ること、身体のメンテナンスをすることが、
タイムアップと言われたのか…?
ところで、声の主はだれ?
夢の中の人物? 私自身? それとも…

*****************************************************************
こころと体 ホリスティックな癒しをあなたに
カウンセリング・アロマセラピー・ヒーリング、各種講座
心とからだを癒す アロマヒーリングフレグランスセラピー
セラピスト支援・サイト制作 ホームページセラピー
アロマシオン by maysion.com
http://aromasion.maysion.com
*****************************************************************
posted by メイ・シオン at 22:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 夢のお告げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

久々にフローラム精油を見つけたら…

先日、久しぶりにデパートに用事があって、たまプラーザ東急をウロウロしていたら、
精油メーカーフローラムの売り場を発見!!
こんなところで久々にご対面するとは思いもしなかった…と、
売り場の精油を見ていたら、何とこの店がハウス・オブ・ロゼの一店舗でした。
数年前に初めてフローラムを手に取り、レモンの水蒸気蒸留があることから、
無くなったらこのメーカーで買えばいいなぁ〜などと、
気楽に思っていたのも束の間、こちらの精油を入手できなくなっていました。
もう、レモンの水蒸気蒸留の精油は、他を探すしかないと諦め四万十の精油を購入。
こちらも悪くはないけれど、精油メーカーではないので少し心配でした。
レモンの水蒸気蒸留は、スキンケアに使いたかったから購入していたので、
どうしても不安をぬぐいきれなかったのです。
また、フローラムが買えると思うと嬉しい反面、輸入代理店が変わって複雑な心境。
一消費者としては、どこが売ろうと関係ないのだけれど、
元の会社が買収されたのかな?とか、販売力がなくて身売りしたのかな?とか、
色々と考えてしまい。
大きな会社でないと、ラインナップが多いメーカーは扱えないのかな…
ここでも、アナリテージュと同じこと が起きているのか?
と思うと、なんだか切ないやらやりきれないやら。

アロマユーザーは増えているものの、高額なことも手伝い、
専門性の道は未だに遠いのかと思うフローラム精油との再会でした。

*****************************************************************
こころと体 ホリスティックな癒しをあなたに
カウンセリング・アロマセラピー・ヒーリング、各種講座
心とからだを癒す アロマヒーリングフレグランスセラピー
セラピスト支援・サイト制作 ホームページセラピー
アロマシオン by maysion.com
http://aromasion.maysion.com
*****************************************************************
posted by メイ・シオン at 01:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

インストラクター実践講座

6月に2回に渡って「インストラクター実践講座」を開催します。

普段、私は(公益社団法人)アロマ環境協会の認定校で講師をしています。
今までに、たくさんの生徒さんから「合格しました」と嬉しいお知らせをいただき、
それが何よりも励みになっています。
合格後、この資格を活かしてサロンへ転職された方も多くいますが、
「施術よりも教えてみたい」と思っている方もいらっしゃいます。
けれども…こんな声も多いのです。

・アロマセラピーインストラクター資格はあるけれど、特に役に立てていない。
・アロマセラピーインストラクターの知識はあるけれど、教え方がわからない。
・教えることに自信をつけたい。
・テキストを読むだけになってしまう。
・そもそも、教えるってどういうことだろう?

そんな方のための「インストラクター実践講座」を開催することになりました。
インストラクター実践講座は、AEAJインストラクター資格取得者を対象とした講座です。
講座では、教えるとはどういうことなのか?
教える時に必要なこと、学ぶ側のことなど、知っておきたい基本的な学習に加え、
インストラクターとしてのテクニックを学んでいきます。
講座の組立や、実際に「教える」という実習体験も行いますので、
これからインストラクターとして活動したいという方におすすめの講座です。
詳しい内容はこちらへ

*******************************************************
【日時】全2日間(合計12時間)
1日目 6月9日(土) 6月10日(日) 10:00〜17:00
2日目 6月23日(土) 6月24日(日) 10:00〜17:00
※ 日程が変更になりました。

【定員】 6名 (残席4 3名)

【場所】アロマテラピースクール ル・プチ・アルシェ
東急田園都市線 たまプラーザ駅 東口より徒歩3分


【お申し込み・お問い合わせ】
アロマテラピースクール ル・プチ・アルシェ
*******************************************************

posted by メイ・シオン at 00:16 | Comment(3) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

さよならおとさん

2012年5月3日 9:38 義父が亡くなった。
大正12年7月7日生まれ、享年88才だった。
このGWに帰省するかしないか、財源がないだけに、悩みに悩んで帰らないと決めた。
前もって決められた運命だったのか、結局、呼ばれてしまった。
こうなるなら、すんなり帰ってた方が良かったのか?
そう考えるも、過ぎてしまったことは戻らない。
3年前、認知症が酷くなり、とうとう施設に入ることとなった。
当初は、腕力もまだあり、帰る帰ると職員と義母を困らせた。
私が面会に行けた頃には、随分と落ち着いて、時折、身内の顔と名前が出ない事もあった。
白内障も進み、視力も落ちていた。
今年に入って、冠動脈がかなり傷んできたこともあり、不整脈を頻発していた。
最後は、老衰ともいえる心筋梗塞であった。

義父は、海軍の人で、艦から命からがら泳いで生還した。
家族に語り継がれる「あの時は死ぬかと思った」という義父のセリフは笑い話になっている。
私たちの戦争に対するイメージとは裏腹に、誰一人として、
自分が死のうと戦場に行ったわけではないことを思い知らされる。
戦争で両親を失くし、残された兄弟を大学まで出すのが自分の使命と働いた。
そのせいで結婚が遅かった。
家を持ち、家族を養うためにがむしゃらに働いた。
一家の大黒柱としての責任感や、義の強い人。
無口で、昔気質な怖いにっぽんの父、そのものだった。
家電製品が大好きで、パーマやにあるようなお釜のドライヤーから、マッサージ機、電子レンジや、大型テレビに至るまで、新しく開発された製品は必ずと言ってよいほど家にあった。
本人は意識しているかわからないが、長男が電気屋に勤めたのも、その影響なのだと私は思っている。
干支に詳しくて、私と初めて会った時、交わした会話も干支の話だった。
東京に来る用事があるからと、わざわざ私に会う算段をして、
18才の私に「息子をよろしくお願いします」と正座して頭を下げたのを、今も忘れられない。
興味を持ったものにとことんハマり、ワープロも使うような勉強熱心な人だった。
晩年は健康オタクでもあった。
身体のためによいサプリメントや、散歩など、決めたことは確実にこなさないと気が済まない。
今、老衰で死ねる人はそう多くない。
義父のストイックなまでの抗老化対策が、更年期の前立腺肥大も遅らせ、
老人性白内障をも遅らせ、健康度合いの高い老人を作りあげたのだと思う。
残念なのは、認知症には抗えなかったこと。
最後に会えたのは、施設での面会。
その日はかなり機嫌が良くて、随分とおしゃべりをしていた。
帰る時「またくるね」と手を振ると、満面の笑みで見送ってくれた。
あんなにニコニコと笑っているのを見たのは初めてで、そして最後になった。
『モシカシタラ コレガサイゴニナルカモ…』そんな予感はあった。
そんなこと、予知しなければよかった。
もう一度だけ、約束を守りたかったのに…
90才までがんばるって言ってたのに、あと2年は無理だったんだね。
もう充分がんばったから、あちらで好きなテレビや映画を満喫してください。
そして、お義母さんのことを見守っていてください。
posted by メイ・シオン at 02:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする