2009年06月05日

ぎっくり腰になりかける

昨日は、ある物をオークションに出さなければならず、その依頼者宅へ梱包に出かけた。
商品の中には、重さ8kgの真鍮の台が4つあり、それをダンボール詰めしなければならなかった。
腰を何度も痛めている私は、このような重いものを持つときとても慎重になる。
中腰では作業はせず、必ず気合を入れて持ち運ぶ。
真鍮の台は、モノ自体はそう大きくない。
例えていうと、筋肉を増強させるためのウエイト程度の大きさだ。
モノが小さいが、重さがあるため梱包には十分な配慮がいる。
一番下に詰めて、しかも動かないようにダンボールでガッチリ巻く。
ダンボール箱の大きさに対して、どのように並べたら良いかと、
床に座って箱から出したり入れたり、横にしたり縦にしたりしていたその時。
あっ!!
や、やばい ( ̄□ ̄;)
ぎっくり腰だぁ〜
立った作業では慎重だったにも関わらず、座った作業でも腰に負担がかかるというのを、すっかり軽視していたのだ。
まずいぞ、まずいぞ…
こんな所で、ぎっくり腰で寝込んでいる場合ではない。
まだまだスケジュールがみっちり詰まっているのに…
帰宅する時には、前傾姿勢でチンパンジーになったような格好で歩くことしかできなかった。
今日、明日中にこの状態をどうにかせねば…
家に帰って、早々に湿布を貼った。
ぎっくり腰は、腰で起きたつき指と考えて良いので、まずはクールダウンだ。
そして、夫に頼んで金魚体操を試みる。
金魚体操とは、脊椎のバランスを整える目的で、腰を左右にゆらゆら揺らす体操。
痛みがあり自分でできないときには、仰向けに寝た患者の腰の下に大きく長いタオル(紐でも可)などを敷き、施術者がこのタオルを両方から引張り、患者の腰部分を浮かせて左右に揺らすようにする。
そして、お風呂後(本当はシャワーが良い)、身体がほぐれているので、ゆっくりと自発動を試みる。
自発動とは、気を使って自分を治す方法で、気によって自分の身体が勝手に動く方法。
いつものように、ゆっくりとではあるが、わけのわからない動き(体操)を始める私の身体。
いつもの肩こりや腰痛程度なら10〜15分やるが、今回は、短めに5分位で終わらせる。
5分でどうかな?と思ったが、さっきまでチンパンジーだった私は、ようやくクロマニヨン人くらいに復活できた。
しかし、寝た次の日、また酷くなってしまうことがある。
寝ている間、動きが制限され筋肉が固まるからだ。
今回は、腰の違和感はあるものの、腕や大胸筋、足の筋肉痛の方が増していた。
今日はまだ金曜日。
土日を乗り切るために、行きつけの整骨院に駆け込んだ。
私の身体の様子を心得ている先生に、いつも通り施術をしてもらうと、クロマニヨン人の歩き方から、普通の人に復活。
まだ、痛みや違和感はあり、安心できない状態だが、ここまでくれば、どうにかなるだろう。
はぁ…ヒヤヒヤしたけど、どうにか回復に向かって良かった…
posted by メイ・シオン at 23:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お具合大丈夫ですか?
ぎっくり腰は、リベンジしてきますから、
くれぐれもご注意くださいね。
特にくしゃみをした時、あ、また!ってことがあるので。
お大事に〜!
Posted by くろやぎ堂 at 2009年06月06日 00:33
くろやぎさん、
ありがとうございます。
くしゃみ…そうですよね、あれは不意をつかれます。
本当に気をつけたいと思います。
Posted by メイ・シオン at 2009年06月06日 00:52
お大事に〜(^-^)g"その後いかがですか?
Posted by とも at 2009年06月08日 21:31
ともさん
ありがとうございます。
今回は大事に至らずなんとか乗り切れそうです。
お騒がせいたしました〜<(_ _)>
Posted by メイ・シオン at 2009年06月08日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック