2009年11月08日

アクティブブレインで即日記憶

7、8日と2日間、アクティブ・ブレイン・セミナーに参加した。
アロマスクールでの私の講義は12月まで休講なので、その間を使ってのスタディ第2弾である。
この講座を開催している会社では、マインドマップ講座をメインにしている。
以前から、マインドマップは興味があり、アロマ資格受験の時も独自で応用して見事合格。
だから、余裕が出てきたらきちんと受講しようと思っていたが、最近ここで開講したアクティブブレインにも興味を持った。
アクティブブレインとは、簡単にいうと記憶術の一つである。
それに対して、マインドマップは、構築した記憶を整理ビジョン化し、役立てるもの。アクティブブレインが脳にインプットするツールで、マインドマップはアウトプットするツールだという。
私は視覚タイプで人の顔を記憶するのは強いが、言葉と結びつけるのにめっぽう弱い。
つまり名前は書かないと覚えられないタイプ。
そこで、これをカバーする方法を会得しようと思った。
おそらく、これができるようになると、他のことも覚えられるはずだからである。
もちろんこの手法を応用し講座にも活かしたいし、セミナーで生計を立てるプロ中のプロのセミナーに参加して勉強もしたかった。
先のアロマセミナーを受けたのも、他の人の講座で勉強するためでもあった。
講座は、ほとんどが実践に徹したもので、次々とワークを進めるものだった。
それでいて完結に、このツールを開発した人の話しも含まれており、セミナーが無駄なく進められるよう、システマティックに組み立てられていた。
さすがだな〜これがこの道のプロの手法なんだ。
以前、この先生のメルマガで「過去にはどれだけ多くのことを伝えられるか努力し失敗したが、講座は、どれだけ削ぎ落とすかがポイントだ」というようなことを書いていたのを見たことがある。
その時もなるほどと思ったが、体感してみてこういうことなのだと、とても勉強になった。
手始めに行ったワークでは、あっという間に参加者全員の顔と名前を覚えてしまった。(参加人数は20名)
ふむふむこういうことか…
そして本題に入ってくると、どんどん記憶できる!
私もスクールでは、長期記憶と短期記憶については話しているが、記憶術はすぐに長期記憶に定着させる方法のようだ。
この方法のポイントの一つは集中力。
成績がよくて頭が良いと言われる人は、集中力と記憶力が秀でていることと以前から思っていたが、やはりそれは間違っていなかったようだ。
初日には、60の単語の順序をほぼ100%記憶し、宿題でさらに100の単語を記憶。
たった1日で、160もの単語を完全に記憶し、2日目には、その160の単語をスラスラと言えた。
他にいくつかの記憶術も学習し、2日目の最後には、さらに20の単語の順序とランダムに質問されても何個目の単語かを憶えているというテクニックを会得。
スゴイ〜!
2日間で180〜200の単語を順序どおり、そしてそのうち20は、何番目の単語かまで記憶する事ができたわけである。
一気にスゴ〜く頭が良くなった気がする。
でも、昨日の自分と今日の自分が変わったわけではない。
セミナーは、受講者の元々持っている脳力を、最大限に活かす方法を伝授しただけだという。
そうだ。そういう方法というのは、人類共有の財産だと常々思う。
私もある部分の知識を人より多く持っているから、教える側にいるけれど、そういう知識は自分の自己満足のためのものではない。
そういう知識を多くの人に知ってもらい、正しく使えることが社会を活性化していくものなのだと思う。
自分だけで面白いおもちゃをどんなにたくさん持っていても、他の人と共有して遊ばなければ面白くないのと一緒。
たくさんの知識や知恵やツールは、みんなで使ってこそ意味がある。
しかし…記憶に妄想が大きな武器となるとは思ってもみなかった。
私の右脳型妄想族がこんな所で役立とうとは…
妄想族の方にはぜひオススメです。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | カウンセリング&セラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄いですよ!!
私も参加してみたいです。
Posted by ハッピーまこ。 at 2009年11月10日 07:04
まこさん
まこさんにはもってこいのセミナーだと思います。
なぜなら、このコースの上位コースに英単語コースもあるのです。
まずはベーシックに是非、参加してみてください。上のアクティブブレインセミナーのリンクから、スケジュールが見れますよ〜
Posted by メイ・シオン at 2009年11月10日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック