2010年09月25日

学園祭 戦慄の?貞子

この日、甥が通う学校の学園祭に行った。
うちから3駅なので、もし私がここの生徒だったら、どんなに楽だったろうという距離。
初め、併設されてる女子中学・高校の学祭に入り、受付で間違えが発覚。
丁寧に教えてくれる生徒を尻目に「間違えたね、ごめんネ。じゃ!」ときびすを返し走った。
なぜ急いでたかって?
甥がコスプレで屋台にいる時間を間違えたから。
無事、学校につきキョロキョロするが、屋台らしきものは一つしかない。
が、男子の影は無し。ん〜間に合わなかったか?
メールしたのに返事ないし。
100925_1540~0001.jpg困ったな…一回りしてみるか?それとももう一度メール…と思ってると、グレーの物体があちらからやってきた。
トトロだ!
コスプレ屋台というから、超はじけてるかと思いきや、女子は地味〜にキャビンアテンダントやら、着物系、チャイナドレスと無難路線。
このトトロでやっとコスプレっぽく、他には「羊の執事by docomo」がおった。
そういえばうちらの高校でも、汚い男子の黒柳徹子とか、ジュリーやら、シブガキ隊、いけないルージュマジックとかやってたっけ…
やはり祭りは、はじけんとな。
とりあえず甥に遭遇できたので、トトロを激写!
あとで本人にも送らんと。
その後、学祭定番のお化け屋敷に行ってみた。
100925_1604~0001.jpg一組ずつ入るようにしてるけど…それ位しないと怖くないよね〜
私は大人なので一人で挑戦!
別に大人じゃなくても一人でいくか…
案内のお姉さんが「一人でいいですか〜」って(^_^;)
ハタチそこそこのおなごに「大人だからね!」って言えないおばちゃん。。。
懐中電灯を手に真っ暗な部屋のドアを開けると、す、既に貞子が横切ってるし…
ふふふ…これはコワい。
懐中電灯の、か細い灯りを頼りに迷路を進むと、金網ドアが出てきた。
案内のお姉さんの言いつけ通り、ドアは開けたら閉める。
と、背後のドア向こうに貞子だぁ〜
ガッシャンガッシャン暴れてるよ〜!
うわぁ〜こういうことなのね!
なんだか楽しいぞぉ〜
道順を間違えて、すっぴんのスタッフお姉さんにあっちと指示される、一人で楽しくなってきたおばちゃん。
ついでに背後から迫ってきた貞子にも、あっちと指示される。
ふっ…貞子から逃げるように進めばいいのね。
広くなったエリアの向こうに、いかにも道順な暗がり…
床の隙間からいっぱい手てが出てるぅ〜
「わ〜コワいよお〜手てがいっぱい出てるよお〜」と叫ぶおばちゃん。
手てが足を掴むかと思いきやフェイクだった。
むむ、残念。
ぐずぐずしてる間に、またもや貞子の魔の手が忍び寄る。
ひゃ〜!きっと本人は可愛い子ちゃんに違いないが、うなって追っかけてくる貞子はコワいよお〜
もう、全然期待してなかったから、思いの外、楽しくなってきたぞぉ〜
「ひぇ〜なんだか面白いよ〜コワいよ」
半笑いで叫びながら進むおばちゃん。
そこかと思えばまたまたあちら、神出鬼没な貞子の魔の手を振り切り、コワいよ〜楽しいよ〜を連発するおばちゃんもやっと出口に。
あーあ面白かった!
案内のお姉さんに、半笑いのまま、いやぁ〜面白かったよ〜コワかったよお〜と感想を述べ、入口の写メをパチリ。

100925_1812~0001.jpg学校をあとにする校門では、ふと甘い、リナロール、酢酸リナリルの香りに誘われ…
キョロキョロすると小さな白い花の銀木犀が…
わぁ〜なんて収穫だ!
金木犀はクチナシの次に好きな香木だけど、その仲間の銀木犀は生で見たことなかったんだよなぁ〜
さっそく花をちぎりちぎり…ティッシュにくるんで持ち帰る。
帰りの電車で銀木犀を楽しみながら、やっぱり貞子とも写メ撮らせてもらえば良かった…
おばちゃん、心のつぶやき。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164815415

この記事へのトラックバック

神出鬼没の貞子がイタズラやり放題
Excerpt: 神出鬼没の貞子がイタズラやり放題ハリウッド映画版の貞子である、サマラ・モーガンにふんした男が至る所でイタズラをしかける映像。暗闇で突然人を驚かせたり、電器店でテレビを壊したりやりたい放題です。
Weblog: 映像トピックス【バックナンバー】
Tracked: 2012-10-22 12:01