2010年10月12日

歩くタンパク質、ミオシンVが私だったら…

歩くタンパク質の映像を捉えたニュースが話題になってるらしい。

二本の脚を交互に出して移動しながら、途中で休むような仕草も…
「もう、今日は超急いでるんだけど、疲れるったらさぁ、あれ?あんた何見てんのよ!!」

実のところ、ミクロの世界でも何かしら社会らしきものがあって、
役割分担があって日常が繰り広げられていたりして…
私たちの知らないところで、私たちがミオシンVを観察しているように、
マクロの世界で何者かが、私たちを観察していたりするかも知れない。
あぁSFちっくだなぁ…

追記リンク
元の記事
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20101010/Mainichi_20101011k0000m040076000c.html
関連記事
http://www.waseda.jp/student/weekly/contents/2007b/134h.html
http://www.waseda.jp/jp/pr07/070525_p.html
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
蛋白質って生き物だったんだあ!って実感しますね。
自分の身体の中で大行進してるところを創造すると…
ホラーなんか目じゃなく怖いですー!
Posted by くろやぎ堂 at 2010年10月13日 21:15
くろやぎさん
生き物の内部にあるものは全て生きている。
私たちはタンパク質でできているわけですが、
「私」という存在がたくさんの「私細胞」の集まりによって生かされている。
その細胞内部でも微小な「私」が働いて生きている。
その装置のヒミツを見るようですね。
まるでマトリョーシカ…(怖
タンパク質について、面白いので追記もしておきました。
Posted by メイ・シオン at 2010年10月14日 01:30
こういうSF読んだことありますよ。
たんぱく質ではなく私たちのいる宇宙が実は実験室のビーカーの中で作られた宇宙で、外で何者かが観察してるっていうお話ですけど。

(何者か、ってすごい巨人てことですよね!いや、私たちの宇宙が超ミクロってことかも・・やっぱりたんぱく質?)
Posted by ますみん。 at 2010年10月16日 04:59
ますみんさん

>私たちの宇宙が超ミクロってことかも・・やっぱりたんぱく質?

自分を基準に過去、未来であり、大、小ですから、きっと何者かにとっては、タンパク質と同じってワケですよね。
あぁ〜でも、タンパク質じゃあ小さすぎるから、やっぱり大食いの不純物処理隊、頼もしいマクロファージがいいなぁ〜
将来の夢マクロファージ。。。
Posted by メイ・シオン at 2010年10月16日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック