2011年03月19日

ロフトの片づけ 3/13のこと

地震から2日後の3/13。
2人揃ったのでやっとロフトを開けられた。
一人だと、開けた途端にガラガラと色んなモノが落ちてきたら危なかったから。
そう思っていたが、意外にも落ちてきたのは、空のダンボール数個だけだった。
しかし、案の定、中はぐちゃぐちゃ。やはり本はダメなんだな。
110313_2.jpg 110313_1.jpg
本といえば、マンション1階がブックオフなのだが、地震当日、夜の10時頃もいつも通り営業してた。
棚から落ちなかったのか? 次の日も通常営業だったし。
さて、ぐちゃぐちゃになったロフトは片付けたが、実はその一週間前に、少しロフトを片付けていた。
畳の表替えのため、本棚を移動しなければならず、本をダンボール箱に詰めるのに、
ロフトにあるダンボールをあさっていたからだ。
110304_tatami.jpg 110313_3.jpg 110313_4.jpg
いつもなら、箱だけ探し片付けは次の機会にとする所だが、なぜかその時、整理しておこうと思った。
もっというと、この畳替えのおかげで、本棚やパソコン机も一度移動し元に戻すことをしており、すこぶる整理された状態だった。
もし、地震が一週間前だったら、プリンターも居間のフローリングに落ちたろう。
一週間前だったら、風呂の換気扇も修理していた最中なので、ダクトで作業中のちっちゃいおじいちゃん作業員も大変な事になっていたはず。

この修繕も、実は11月には見積もりを頼んでいたにも関わらず、担当者の手違いでずーっと放置され、やっと都合を合わせた日程だったのだ。
色んな事が重なってラッキーを呼んでいた。
本当に何かに守られてるというべきか…
残念なのは、ロフトにあったおばあちゃんからもらった羽子板。
落ちてかんざしが、はずれてしまった。
おばあちゃんが25年位前に、孫らに形見にとプレゼントしてくれたもの。
現在100才で施設にいる。
まさか、関東大震災もこの震災も経験するとは思ってなかったろうな。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は何も考えず、開けちゃいましたよ。
停電するって言うんでクーラーボックス取ろうと思って。
案の定上から大きなファン(扇風機の四角い奴、みたいな?)が落ちてきて腕に当たりあざになりました(@_@;)
頭に落ちていたら・・・と思うとやはり守られてる感が。神様もハラハラでしょうけど(笑
Posted by ますみん at 2011年03月21日 11:44
ますみんさん
>私は何も考えず、開けちゃいましたよ。

そ、そりは危険でしたよ(@_@;)
私のとこは、キャスターのキャリーバッグが入口近くにあるので、それが落ちるんじゃないかとハラハラしてました。
Posted by メイ・シオン at 2011年03月21日 16:09
猫目線で危険なものを考えると、いっぱいありますね。
とりあえず、猫に危険なものは下ろしてあるので
今回は助かりました。
猫サマサマ。
Posted by くろやぎ堂 at 2011年03月23日 11:37
くろやぎさん
猫目線ですか…あ〜それは気づかなかったなぁ
うちは宇宙人がモノが出ているのが嫌いで、ホントに露出しているモノが少ないので、家具らしい家具も5つくらい。
おかげで倒れるモノもほぼなくて、それはそれで助かりました。
宇宙人サマサマ?
Posted by メイ・シオン at 2011年03月23日 14:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック