2011年10月30日

健忘歴に新たな1ページが…

これも老いなのだろうか。物忘れが激しい。
細かい忘れ物というのはあっても、サイフを落としたり鍵を落としたりなどという、とても大事なものを落としたりしたことがない。
しかーし、ついに「ありえないだろう…」という忘れ物をしてしまった。
先日、銀行ATMで記帳をしていた。
預かった通帳などもあり、自分のものを含めて3つ記帳をした。
その後、並んでいた人がなぜか空いたATMを使わず立ち止まっていた。
怪訝に思ってよく見ると、白杖を持った人だったので、機械が空いたことに気づかないのだとわかり、自分が使っていたATMへと誘導した。
家に戻り、いつもならすぐにはやらない家計簿への転記をPCにしようとして、預かった通帳がないことが発覚。
あっ! そうだ…3つあったので目の前の棚部分に置いて「ここに置いても忘れないように」と、思ったことを思い出した。
ほんの数十分前の出来事だ。
「通帳がそのまま誰にも気づかれずありますように…」家を飛び出してATMへと走った。
しか〜し、通帳は影も形もなく…
ATMにある電話を通じて、忘れ物について尋ねたが結局見つからなかった。
忘れたのが自分の通帳ならまだしも、他人(家族)の通帳。
「悪用されたら…いやいやまだ家のどこかにあるのかも…」と家に引きかえしたがやはり無い。
仕方なく、交番へと出向いた。
ここに無ければ、銀行でストップしてもらわなければならない。
交番へ行き落としたものを告げると、通帳の名義を聞かれた。
そして、「家族の?」とも聞かれ…はて?何で知ってんの?
色々と手続きをしていくうちに、通帳の持ち主と私の関係性についてあれこれ聞かれた。
戸籍謄本でもとれば、家族とわかるのだけれど姓も違うため、本人に電話などで確認してもらうしか術はない。
といっても、電話の相手が本当に本人かということすら確証はない。
実は、私が来た時点で、落し物はすでに届けられていた。
しかし、私の身元確認はできても、遺失物の持ち主と違うため、警察の人も確認作業が必要だった。
最後には、通帳の支店名だとか出納の様子だとかを聞かれて、それが合致したため無事手元に戻してもらえた。
こんな失態は過去にない。
こういうことには、かなりしっかりしている(つもり)なのでとても凹んだ。
ATMで人の世話を焼いているより、自分のことをしっかり監視しなければ…と思うのだった。
posted by メイ・シオン at 02:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きちんとせねば、と緊張した時ほど、
よくモノを忘れます。
緊張した分、脳味噌が目の前のことをスムーズにやるために、ショートカットをするモードに入るからだとか。
とんでもない忘れ方をすると、凹みますよねえ。
でも、ちゃんと届いていてよかった!
さすが日本です。
Posted by くろやぎ堂 at 2011年10月30日 14:14
くろやぎさん
>さすが日本です
ほんとそうですよね〜失くす気は全くしなかったのですが(そういう勘だってだけですけど…)すぐに届けられていたのが、「やっぱり日本だよね〜」って思いました。
Posted by メイ・シオン at 2011年10月31日 01:45
ヒヤッとした出来事でしたね。

確かに通帳を何冊も記帳する時は要注意が必要ですね。
私も昨日記帳しましたが、やはり3冊でしたが、気をつけて、周りを何回も注意してからATMを後にしましたよ。

いい人に見つけてもらって警察の面倒な手続きがあったにしても戻って本当によかったですね。

何だか寿命が縮む感じがしました。
Posted by ハッピーまこ。 at 2011年11月13日 10:08
まこさん
本当にヒヤっとした出来事でした(汗
いつもなら忘れ物がないか振り返りチェックするのですが、目の不自由な方のことが先に目に飛び込んできたので、もう脳がそちらに切り替わってしまったんですね。
昔なら、いくつものことを同時に処理していた脳も、老化しているんですよね…悲しいけれど現実です。
でも、無事戻ってきたので結果オーライです。
Posted by メイ・シオン at 2011年11月13日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック