2006年12月03日

骨折番外 白杖のオバちゃん

帰りの駅ホームで白杖を持ったオバちゃんに遭遇した。
ホームまで降りたはいいが、プレートがわかり難いようで立ち止まっている。
分かるかしら?としばし様子をみるが、そのままなので見かねて声をかけた。
ホームのどちら側に電車が来ているのか分からなかったようで、
電車までの誘導手伝いでよかったようだった。
私はまだ足が辛いので、座れる車両へ移動した後、ふと考えた。
もし、目の不自由な人が足を骨折したらどうすればいいんだろ?
松葉杖を使ったら白杖は持てない。
車イスが使えても歩く先を探れない。
これは大変だ、私のちょろい骨折でさえ大仕事だったのに、
病院行くにも誰か人を呼ぶしかないのかしら?
でももし、身寄りがなかったら?
友人も遠くに住んでたら?
こういう時、行政福祉を頼れるのかしら?
でも利用料もバカにならないよね?
私って何にも知らないんだなぁ〜
帰りの電車で思い巡らすのだった。

骨折日記のつづき
骨折メモリアル
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 骨折日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック