2013年02月16日

心もからだも腸次第 らしい

アロマスクールの授業では、解剖生理学も学習範囲です。

先日、授業で消化器系の復習中に、
「食べるとすぐにトイレに行きたくなるのは…」という質問が2日連続で出てきました。
便秘でないことは、喜ばしいものの、直通だったり下痢状態というのはいただけません。
そういう人によく共通するのが、食べる時、水分で流し込んでしまう人。
きちんと食物を咀嚼して細かく砕き、唾液や胃液などで溶かし分解する。
これが望ましい消化ですが、水分で流し込んでしまうと、唾液や胃液などを薄めてしまいます。
結果として消化不良を起こしやすくなるわけです。
栄養を吸収する上では、よろしくない状態ですね。

このように、食べ方が影響することも考えられますが、
常に下痢気味だと、腸内環境も関係していると思われます。
腸内の有効な菌は、人によって違いがあると思われるのですが、
何かしら遺伝的な要素があるのだろう…と思っていました。
遺伝的というと少し語弊があるかもしれません。
育った環境因子、つまり母乳等を含んだ食べ物にも関係するのではないかと…


そんな話題が出た後に、なんとタイムリーなTVがやってました。
「BSフジ プライムニュース 『心もからだも腸次第? 研究最前線の成果検証』」
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html?d130215_0

たまたまつけていたTVですが、
私が予想していた通りのことが、専門家の話に出てきたのでホッとしました。
私たちの生体は、常に何かしらの虫たち(菌などの微生物)と共生しており、
それらを排除して、一人の生命力では生きていけないわけです。
菌と仲よくすることこれが健康の必須条件だと、あらためて確信しました。

面白かったのは、脳は腸より発生が新しいため、
実は脳をコントロールしているのは、「腸だ」という話です。
腸内環境によって神経伝達物質などに影響を及ぼし、
うつなど精神疾患の原因を作ることになるのだとか。
だから、腸内環境を改善すれば、治ることもあるのだとか。
食べ物は肉体のみならず、生体全てを作るわけですから、
心に影響を及ぼすのもわかりますね。

また、番組の中で驚いた情報は、「小腸ガン」は無いということ。
そういえば聞いたことがないけれど、全く気がつきませんでした。
なぜ、小腸ガンが無いかという理由は、解明されてないそうです。

∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
こころと体 ホリスティックな癒しをあなたに
カウンセリング・アロマセラピー・ヒーリング、各種講座
心とからだを癒す アロマヒーリングフレグランスセラピー
セラピスト支援・サイト制作 ホームページセラピー
アロマシオン by maysion.com http://aromasion.maysion.com
アースシオン アロマ教室 http://earth.maysion.com/
∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
posted by メイ・シオン at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルシー&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック