2013年03月22日

DAVID BOWIE CAFEに行きました

TS3Y0350.jpg赤ん坊連れたアラサー親子、いかにもロック系の女子、
扇子片手の海老蔵そっくりさん、30代カップル、
ユニオンジャックTシャツの年齢不肖男、友人同士のアラフォー女子、
白人客、おじちゃん、おばちゃん。
Bowie目当てでやってきたであろう客人達。
かくいう私もその一人。
銀座ソニービル1Fのブリティッシュパブが期間限定で
「DAVID BOWIE CAFE 」になっている「カーディナル」にやってきた。
http://www.sonybuilding.jp/restaurant/cardinal/index.html

TS3Y0341.jpg店内にはジャケットが並び、過去、近年のフォトがそこかしこに。
一番奥の壁には今回リリースのポスターが、デカデカと配置されている。

SonyのTVには、10年ぶりにリリースされたTHE NEXT DAYから
「The Stars (Are Out Tonight)」「Where Are We Now?」のPVと、
Reality Tourのダイジェストが流れ、BGMももちろんBowie。
いつもは雑誌、新聞があるであろうブックスタンドにも、Bowie特集の海外・国内誌が並んでいる。
いつも利用している常連さんは、狭い店内で写真を撮りまくる客にびっくりだったろう。

通された席は、PVの見られる特等席。
デザートとアールグレイをいただきながら、一人ニヤニヤとPVに見入る。
家のPCのYou Tubeでは暗くて見えなかったPVが鮮明に見られる。
ああ、こんなに劣化してない66才がいていいんだろうか…
と、Reality Tourの時も、こんなにカッコイイ57才がいていいんだろうか…と思ったっけ。

TS3Y0343.jpg TS3Y0342.jpg

「Where Are We Now?」を初めて見たとき、ベルリン3部作が一番好きな私としては、
「hours…」のとき同様に泣けた。
「hours…」のライナーでイエモン吉井氏が綴っている気持ちがスゴくわかる。
彼の世界に没頭してしまうと日常生活に支障をきたしてしまうので、
「Thursday's Child」なんか特に聴けない。

Bowieの公式サイトでも全く動きがなくて、公にされてないだけで、
ひっそりと死んでしまったのではないか? と思うこともしばしばあった。

誰もが知らなかった。その時が来るのを。
誰もが待っていた。その時が来るのを。

DB20130321.jpg今回の新譜のコピーは、彼を愛する全ての人の心を言い得ている。
「新作の予約受付開始後24時間でiTunes Storeのトップアルバムチャートで1位」
とか、「20年ぶり全英1位」とか「オリコン歴代最年長TOP10入り」とか。
本当にみんな待ってたんだよね。

発表によるとツアーは無いらしいけれど…
コロコロ気が変わる気まぐれな彼に期待しよう。

好評につき「DAVID BOWIE CAFE 」は、3月末日まで会期延長らしい。
http://www.davidbowie.jp/

∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
こころと体 ホリスティックな癒しをあなたに
カウンセリング・アロマセラピー・ヒーリング、各種講座
心とからだを癒す アロマヒーリングフレグランスセラピー
セラピスト支援・サイト制作 ホームページセラピー
アロマシオン by maysion.com http://aromasion.maysion.com
アースシオン アロマ教室 http://earth.maysion.com/
∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
posted by メイ・シオン at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | D.Bowie&music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/349846309

この記事へのトラックバック