2013年08月06日

クチャラーが逆ギレするわけ

猫を撫でたら、自分の汗で毛まみれになったと逆ギレする メイ・シオンこと島田です。

うちの夫はクチャラーが大嫌い。
クチャラーとは、咀嚼する時、クチャクチャと音を立て食べること。
「ネットアンケートで女性に嫌われる食べ方No.1だ!」と、私にわざわざ報告しにきました。
男でも女でもイヤなことは変わりないよと。

そして記事には、クチャラーに食べ方を指摘すると、
大多数が逆ギレするとも書かれていたそうです。

さて逆ギレするのはなぜかな? と夫に質問したところ、
「悪いと思ってないから? 自覚がないから?」と答えました。

ある意味それは当たりであり、はずれでもあります。

人の心がザワザワとして落ち着かず、
それが度を越す時とは、自己肯定できなくなった時です。

逆ギレとは、自己肯定できず、どんな手段を取ってでも、自分を守ろうとする様です。

つまり、指摘されたことが悪い事や望ましくない事だと、充分にわかっているのです。
それでいて、自分でわざとやっていることではなく、気づかずやってしまうのです。

本当は誰に腹を立てているのか?

自分にです。

気づかずやっていて、恥ずかしい。

けれど、それを認めてしまったら、誰も自分を守ってくれません。
だから、恥を気づかせた他人を「お前のせいだ」と悪者にしてまでも、
自分を守ろうとするのですね。
人はなんと健気なことか。

とはいえ、逆ギレされた方は、たまったものではありませんね。
逆ギレした人を許せという話しではありません。

逆ギレする理由がわかった時、その先どう対応するかは、あなた自身の判断なのです。

もし、自己肯定できず、誰も自分の味方だと思えなかった時。
どうしたらこのかたくなな心を、和らげることができるでしょうかね?

セルフ・カウンセリングでは、
自分の心のカラクリから、他人の心のカラクリがわかります。

次回の講座は、秋から千葉市川で開催予定です。
月1回程度のペースで、ご希望者で日程を決める予定です。
ご興味がございましたら、ぜひこの機会に!
どうぞ お気軽にお問い合わせください。
http://form1.fc2.com/form/?id=852573

∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
心とからだ ホリスティックな癒しをあなたに by maysion.com
アロマセラピー、セルフ・カウンセリング、セルフ・ヒーリング
心とからだを癒す アロマヒーリングフレグランスセラピー
セラピーと各種講座 アロマシオン http://aromasion.maysion.com
アロマテラピーアドバイザー認定教室 アースシオン http://earth.maysion.com
セラピストのためのサイト制作 ホームページセラピー http://hpt.maysion.com
∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽ ・∽・∽
posted by メイ・シオン at 12:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | カウンセリング&セラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何年か前に夫に注意した時、「見なきゃいいだろ!」と切れられました。
それを気にするおまえが悪いんだ、といわんばかりの逆切れでした。
いや、見てなくても、音のほうが不快だったんですけどね、、、じゃあ耳栓しなきゃいけなくなりますね。
関係性が最悪だった頃の態度です。
それより昔、仲良しだった頃は、注意されたいのか、子供みたいに、怒ってくれよという感じにワザと盛大にくちゃくちゃしてみせたり、、、おバカ!
それが最近、どうしたことか、自ら改めようとする態度が見られ、どういう心境の変化でしょう少しは大人になったのか、他人の振り見て我が振り直せ的な体験をどこかでしたのかわかりませんが、結局自分自身で気づきがなければ、変わろうとはしないのでしょうかね?
Posted by 梨良 at 2013年08月06日 23:36
梨良さん
コメントありがとうございます。
>ワザと盛大にくちゃくちゃしてみせたり…

あはは、それは好きな子の気を引こうとスカートめくりするおチビさんと同じテクニックですね。
嫌がられてまでして、わざとやるんですね。
かまってもらえないより、嫌がられても相手をしてくれる方がマシなんです。
しかし、最近になって改めようとするとは…
もしかしたら、同じような記事を見ていたりして…(^_^;)
こういうことって赤の他人に指摘されるのが、一番の薬ですよね。
Posted by メイ・シオン at 2013年08月07日 03:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック