2007年05月17日

宇宙人夫 行動録2

宇宙人夫は、食器洗いが大嫌い。
宇宙人夫(うっとふくん)を知らない方はこちらを見てね↓
http://maysion.seesaa.net/article/34774421.html
若い頃は、何も言わずやっていたが、実はいい子ぶりっこしていたらしい。
年を取るごとにわがままになって、『嫌いだからやらない』とワケのわからぬ理由を通す。
嫌いだったら、歯も磨かず顔も洗わんのか〜と問いただす私に、
『それとは別』
と言い張り、生活の一部で必ず発生する仕事であることを認めようとしない。
で何の話かというと…私は今、手荒れに悩まされている。
住居洗剤を連日大量に素手で使用した5年前のツケで、未だに完治しない。
先日、私の手の具合があまりに悪いんで、宇宙人夫(うっとふ)に見せ食器洗いをしながらの会話。
私「ほーら見てごらん、すごいでしょ〜」
うっとふ「何?汚〜い、もうすぐ死ぬの?」「何で治らないの」
<何でもクソもあるかいな!水仕事してたら治らんのじゃ〜むかっ(怒り)
私「水に触ってたら治んないんだよ」
うっとふ「じゃあコンビニ弁当にすればいいじゃない、紙コップで」
私「あんたはどこの王様なんじゃ?そんなに大金持ちなのか!」
うっとふ「……」(既に何事もなかったかのように知らんぷり)
私「こんな手で洗い物してたら、他の人(宇宙人夫しかいないけど)が変わってくれるとかさ〜普通やるよね?」
うっとふ「…ネル?(うちの猫)」
私「…むかっ(怒り)

と、まあーこんな日常会話が繰り広げられるわけで…
だが、後日、地震の予兆か?この世の終わりか?予期せぬ出来事が…
私が残業して帰ると、流しの食器が全て洗われている!
(夫の弁当箱を含む)
で、思わず
私「わ〜!すごいね〜うっとふくん洗ったんだね〜!」
「エライね〜!!」
と、ガシッと抱きしめてサバ折りを食らわせてやった。(誤った愛情表現)
小学生なみに、褒めて延ばすを実践しようとする私だが…
たぶん…
次に食器が洗われているのは数日後か、数ヵ月後か、数年後か…




posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 宇宙人夫 伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは、やりましたね!!!

ナニカの講座で女性の立場をとても象徴する言葉がありました。

「お茶入れから、介護まで。」

恐ろしいですね。断固阻止せねば!!

ではまずは、食器洗いから(お茶入れももちろんです)やっていただきましょう。何事も
教育ですね。ガシット抱きしめてサバ折りも
良い方法ですね。いただきです。
Posted by ゆかっかりん at 2007年05月18日 18:51
ゆっかりんさん「お茶入れから、介護まで。」すごく恐ろしい言葉ですね。
うちは「自分のことは自分で」ができますが、「家の事は自分も」に抵抗があるようです。
掃除はやりますが掃除する事が目的でなく、掃除機をかけることが目的になっていて「部屋をまあるく掃除する」類の仕事っぷり。
やらないよりはマシなので容認していますが…
次のホメ言葉を日々模索中です。
Posted by メイ・シオン at 2007年05月18日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック