2007年05月31日

ペンジュラムでよんだもの

2005年10月2日。
その日はアロマスクールのレッスンでペンジュラムを使った創香をした。
創香のテーマは「夢を実現するための(活性化する)サポートする香り」
もう随分前のことで記憶は曖昧だけれど、ペンジュラムで選ばれた香りは意外だった。
ローズウッド、ネロリ、ここまでは私が好んで使う香り、他にパルマローザ、マンダリンリーフ、ベルガモットミント。
パルマローザは辛い(清涼感)香りで特に好んで使わないし、マンダリンはやや好きだけれど、マンダリンリーフは初めてお目にかかる。
ベルガモットは私のNo.1だけれど、ベルガモットミントはどうかな…という感じ。
それで、戸惑いながらも創った香りは、可もなく不可もなく。
悪くはないけれど特に好きな香りでもなく、高揚感があるというわけでもないし、気分が落ち着くといった感じでもない。
何だろうな〜
せっかくスクールでたくさんの精油を相手にチョイスできるから、大きな期待があったのに…と思った。
創香レッスン後は香りを元に、S先生がリーディングをしてくれるというおまけもついていた。
先生は元々ヒーラー系。
その人に関わるものからリーディングができ、今回はこの香りから感じるものを知らせてくれる。
先生のメッセージからは、私の人生の根源に関わるような事柄が出てきた。
そして、そのものドンピシャリだったことも驚くのだけれど、
それをはっきりと他人から言われた事で、「あ…やっぱり、そうだったんだ…」と涙の出る思いだった。
あるところで行なったバウムテスト(木の絵から読む心理テスト)とも類似した結果で、その頃の私を象徴している出来事だった。

その後、この香りについては長いこと忘れていた。
それが、今日探し物をしていたら目に止まり、手にとってみると、
創香は、サプライズの布石でしかなかったことを思い知らされた。

創香は、必ずそれをイメージしたネーミングをつける。
当時は香り自体にピンとこなくて、悩んだ挙句取り止めのないネーミングをつけた。
それは、出てきたイメージというか語句を3つ並べただけのもの。
ひとつは「」何故か石っぽい感じがしたのだろう…
こじつけるならペンジュラムという石で選んだ香りでもあるし…と思ったのかも?
もう一つは「神殿」ただ神殿のようなものしかイメージできなかった。
そしてもう一つは「ジオン」なぜジオン?
今となってはその時の記憶は全くなくて、その言葉がどこからきたのかもわからない。
当時は、アニメ「ガンダム」のストーリ中出てくる、ジオン公国という国の名前でしかジオンという名を知らなかった。(特にガンダムフリークなわけでもないので意識していない)
だが、このジオンというのは「Zion」(ザイオン)の語源から、取ったものであろうとされているらしい。
そして「Zion」はエルサレムの聖なる丘、ダビデの丘のことでDavid とその子孫が王宮を営み、神殿を建て政治の中心とした地。
ユダヤ民族にとっては神聖な地、キリスト教でも天国といった理想郷、桃源郷、楽園のような地を表す名のようだ。
そして別の名をシオン山。
そう、「メイシオン」そしてお店の名「アロマ シオン」のシオンのことである。

メイシオンという名は単なる語呂合わせから使い始めたもので、お店の名をつけるとき、色々と調べていたらシオンが聖地という意味合いがあることを知り使うことにした。
この、Zionジオン=シオン(転じてsion)だとわかったのは2006年の初夏のこと。
メイシオン-maysion-を使い始めたのは2001か2002年。
創香をした2005年には全く知らずにいて、しかも店の名を考えた時は創香のことなどすっかり忘れていたのだ。

う〜さぶい〜
なんという偶然、いや必然、シンクロ…未来予知、神のお告げか、無意識の暴走か…
香水名 -石・神殿・ジオン-
自分でやったことながら、背中が寒くなった五月の最後の夜だった。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおお…
神のお告げなのね…
シオンさんってお花の「紫苑」から来ているのかと思ってました。
Posted by にゃおころりん at 2007年06月02日 09:51
うぷぷぷぷ〜
メイ・シオンさんもアトランティス、レムリアつながりの地底人仲間かもね〜。
石と神殿とくりゃそりゃもうきまり!ってな感じですが〜。
過去生退行でアトランティスのヒーラー「エムリア」さんに退行して神殿の中の石(クリスタル?)のベットに横たわった時のひんやりした感触が忘れられません。
Posted by masuming at 2007年06月02日 19:33
にゃおさん、シオンはお花ではないんですよ。
もっともお花と思っていただけるのはイメージ的に「しめた!」って感じですが…何かお知らせを戴いたみたいです。
masumingさん、石と神殿ってそうなんだ〜
知らなかったよ〜
でも、この香り全然ピンとこないんだよ〜
何だかヒンヤリした感じでね、水瓶座のクールっぽさはあるんだけど、すごく昔ちっくなお香風です。
Posted by メイ・シオン at 2007年06月02日 22:34
S先生のリーディング、懐かしい!
私は仕事関連のことを言われたんだけど、やっぱりすごく鋭くてびっくりしましたっけ。
このとき作った香り、まだ手元にあるんだけど、ネーミングがどうしても思い出せない!確か「天使」という言葉が入っていたような…記憶力が、なさ過ぎる!
Posted by ネロリ at 2007年06月03日 15:33
ネロリさん、天使ですか…うっとりするような香りを連想しますね。
私のネーミングセンスは、自分にだけウケればいいのばかりで、そういう洒落た感じが全然浮かばないです。
発想が貧困なのかしらね〜
Posted by メイ・シオン at 2007年06月04日 23:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック