2016年08月04日

ドッペルゲンガー

その頃、いつも同じ時間の電車に乗るため、同じ時間に家を出た。
朝は、大抵ギリギリで、毎日小走りだったり速足だったり…

そんな東松原駅まで行く途中で、頻繁に会う女性がいた。
どこで合流するのかわからないが、必ず私の前を歩いていた。

どうしてその女性を覚えているかというと…
後姿が私にそっくりだったから。

腰くらいまでの長い髪に編み込んだようなウェーブ。
手を振りやや大股にきびきびと歩くさま。
そして、身につけたファッションもなんだか似ている。

どんな人なのかいつも気になっていた。

ある日、この人がどんな顔なのか見てみたくなって、
その後ろ姿を追って、追い越そうといつもより速足で歩いてみた。

しかし、あちらも相当な速足で、いつまでたっても距離が縮まらない。
駅に着くとホームに滑り込んできた列車に、駆け込むように乗ってしまった。

朝の混んでいる電車内をそれ以上捜索することはできず、
また会った時にしようと諦めた。

そして、また彼女に会う朝があった。
駅まで行く長く緩いくだり坂の一本道。
遥か向こうで速足に歩いていた。

遠いなぁ、追いつくか走ってみようと思い、
緩い坂道を小走りでくだって行った。

少しずつ少しずつ、彼女の背中が近くなった。
よし、もう少しだ…と一本道の終わりを曲がると、
既に彼女の姿はなく、また顔を見ることはできなかった。

そうやって、いつもいつも背中だけの彼女を追いかけた。
しかし、いつまでたっても追いつくことができず、
ホームでやっと数メートルまで近づいたにもかかわらず、
駆け込み乗車で彼女だけが列車に乗り込んでしまった。

そのうち、彼女に会うことは少なくなっていった。
その後、東松原を越してしまった私は、
二度とその姿をみることは叶わなくなった。

今でもときおり思い出す。
あの緩いくだり坂を長い髪をたなびかせ速足で歩く彼女の背中。

∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
こころと体 ホリスティックな癒しをあなたに
アロマセラピー、セルフ・カウンセリング、セルフ・ヒーリング
心とからだを癒す アロマヒーリングフレグランスセラピー
セラピーと各種講座 アロマシオン http://aromasion.maysion.com
アロマテラピーアドバイザー資格認定教室 アースシオン http://earth.maysion.com
セラピストのためのWeb制作 ホームページセラピー http://hpt.maysion.com
∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽
posted by メイ・シオン at 00:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 井の頭線物語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは、顔を見ちゃいけなかったんじゃないですか?
それが自分だったら…怖いですよ。
Posted by くろやぎ堂 at 2016年08月04日 00:56
>くろやぎ堂さん

そうなんですよね〜
見れないようになってたような気が…
今日、TVでドッペルゲンガーって言葉を聞いて、
思い出したのですよ。
この出来事を
Posted by メイ・シオン at 2016年08月04日 01:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440714910

この記事へのトラックバック