2017年02月26日

アロマ&花療法 心理テストで創る香水のリーディング

AHFリーディングサンプル.jpg
3/5は横浜 弘明寺で、3/12は調布国領でアロマ&花療法 心理テストで創る香水講座を行います。
詳しくはこちらへ
アロマ女子大イベント 心理テストで創る香水-アロマ&花療法講座 2017

こちらの講座では、心理テストを用いてレシピを決めます。
その心理テストで導き出された精油とフラワーレメディ(花療法)には、どんな意味があるのか…
そのリーディング(解説)も行っています。

今回は、リーディングは別料金で1,500円で承ります。
リーディング込で行いたいところですが、それは要らないという方もいるかもしれない。
それよりも安い方が良いという方のために別料金といたしました。

もし当日作ってみて知りたい場合はチョイスできる方がよいのかなと思いまして。
このリーディングは、創香した後に記すので後日送付となります。

実はこの作業が一番大変なのです。
それぞれの精油やフラワーレメディが導き出されたのには意味があります。
その場で説明するという方法もありますが、参加者が多ければ時間の都合上おざなりになってしまいますし、
そもそも自分のことを他の人に聞かれるのが嫌な人もいるはずです。
心理はとても個人的なことですからね。

また、その時はわかった気でいても、人はすぐに忘れてしまったり、
都合よく記憶を書き換えたりしてしまうものです。
(脳とは自分の意識と関係なく勝手にそのように働くのです)

リーディングシートにしておけば、正確に伝わりまた読み返すことができます。

リーディングは一人ひとりに大切に伝えておきたい。
私のこだわりです。
大抵はA4のシートに2〜3枚くらいになり2時間以上かかります。
同じ精油や同じフラワーレメディが導き出されたとしても、
少しずつ違うニュアンスがありますから、言葉を選んで記していきます。
ちなみに私が思っている内容ではありませんよ。

例えばラベンダーが選ばれた場合、こういう潜在意識の可能性がある。
というのはあらかじめわかっています。
でも、他との組み合わせやテストの結果で微妙に意味合いが変わってくることがあります。

ですから、あなただけのための香水でありレシピになっているのです。
そして、これらは自分が変化すれば変わっていくので、その時に必要な香水なのです。

お申込はこちらへ
posted by メイ・シオン at 03:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック