2007年06月29日

アカシックリーディングワークへ

アカシックレコードリーディングワークに行った。
昨年、ずばり「アカシックレコード・リーディング」という名の本に出会った。
その時のことはこちらへ
アカシックレコードは宇宙のどこかにあるという、あらゆることが書かれている辞書のようなもの。
歴史の過去から未来の事、この世にまだ知られていない治療法やらテクノロジー、個人的な出来事、宇宙の事まで含まれているという。
いわゆる、預言と言われるものは、ここにある情報を読んだものと言われている。
ユングの集合的無意識、ヒプノセラピー(睡眠療法)、夢分析、占いもアカシックをツールとするものだと思う。
それでは、これを読んだからどうなのだと言うと、セミナーの主催者であり「アカシックレコード・リーディング」の著者である如月さんは「魂の目的を知り、今(現世)の人生に活かしましょう」と言っている。「魂の目的」とは「ここに生まれ出た本来の目的」である。
この方の本を読んだ時「まがまがしい世界に浸かり、なんでもかんでもそれに当てはめ、人生の実生活を疎かにするな」というバランスの取れた感覚に深く共鳴した。

それから1年、この方のワークショップに応募するものの、参加者を人数限定かつ、くじ引きで決められるためはずれまくっていた。
ところが先日、何気なくはずれてもいっか…と応募したが、何となく当たる気がして、やっぱり当たってしまった。
それでめでたく参加となった。

16人限定のワークは、全員出席。
他のリーディングのセミナーに行ったことがある方や、本を読んで来たという方までいたが、ほとんどの方が、アカシックとは何ぞや?ということが理解できているらしく、自分で行なっているのが、リーディングなのかどうか?またリーディングとまで行かずメッセージが拾えているが、その先のやり方が進まないといった人が多かった。

私もヒーリングから入っているので、リラックスして何かしらのビジョンやメッセージがあるけれど、どれもパズルのピースのみで全く繋がらない。
これを繋げていく方法を、実際にやってみたくて参加した。

リーディングの仕方などの説明の後、まず「白い部屋のワーク」へと移る。
目を閉じて、深呼吸をしワークに入ると…
つづき…
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいなあ。私も行ってみた〜い!!
続きがとっても楽しみです。
本を読んで、自分でやることも出来るんだろうけど、ワークショップで実習した方がすんなり出来るよね。
Posted by ネロリ at 2007年06月30日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック