2019年01月10日

新しい職場初日で八方塞がり

庶務か総務課か…? 新しい職場に行っている。

年度初めなのか新入社員が12人位いて、うち半分くらいは毎年辞めるよね…と話している。
なぜか昔の会社の先輩がいて、私ともう一人顔見知りの同僚をランチに誘ってくれる。

その後、別の先輩Kさんが私をランチに誘ってくれて、私はなぜか「はい」と応じてしまう。
その先輩Kさんは少し怖かったからかなぁ…
それで断れなかったのと、古株で私しか誘う人がもういないんだと思ったから。

職場のビルに入っているテナントの和風パスタ屋に行き席に着くが、
先に約束した先輩の所にお茶だけご一緒させていただく旨を伝えてくると言って、その場を退席する。

しかし、私は何故か店の違う席で全く知らない人、
子どもと子どもの間に相席させてもらいその子たちが頼んだものをつまみ食いさせてもらっている。
数分して元の席を見に行くと既に先輩Kさんはいなくて…
私は困って、先に誘ってくれた先輩のとこに、とにかく連絡して謝らないと…と店を出る。

ビルの作りが良くわからない…
ビルの屋上に行くと、ミニバスが出ていた。
どうしてかわからないけれど、そのバスに乗って先に誘ってくれた先輩のいるはずの店に向かう。

たしかあの店だよなぁ?

ところが途中でこの車は、そこまで行かない、むしろ逆方向だと知る。
ミニバスの運転手が途中で降ろしてくれて、親切にも別の運転手と交代してタクシーを探してくれている。

バスの料金を払おうとするがなぜか1万円札しかない。
お金を崩すからと降りた後、コンビニか両替所で両替している。

外の天気は寒くて、雨が降り始めた。
行きたい方向のタクシーがつかまらない…

時計を見ると昼休憩の時間が過ぎて…焦る。
職場に電話しないと…けれどスマホに電話番号が入っていない。
時間だけが刻々と過ぎる…八方塞がり。

********************************************
そんな夢だった。

ここ近年の私のことなのか…
「時間だけが刻々と過ぎる…八方塞がり」
posted by メイ・シオン at 15:08 | Comment(0) | 夢のお告げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。