2010年04月11日

アロマスクール9月試験に間に合います

アストレアアロマスクールでは、新講座夜間クラスを設けました。
2010年9月のAEAJインストラクター試験に間に合います!
仕事帰りに通える夜間クラスです。

アストレアアロマスクールは、(社)日本アロマ環境協会アロマテラピーインストラクター資格認定校、アロマセラピスト資格認定校です。(二次試験免除対象です)
4月よりインストラクターコースに、夜間クラスの講座を追加いたしました。
4/21から8/18までの水曜日、夜18時半〜21時、全17回の講座です。

●スケジュール(全て水曜)
4/21、4/28、5/12、5/19、5/26、6/2、6/9、6/16、6/23、6/30、
7/7、7/14、7/21、7/28、8/4、8/11、8/18(全17回)

●時間
18時半〜21時(1回2.5時間)

●受講料金
16万円(入学金・授業料・テキスト・教材・認定手数料など全て含む)

●振替授業
開始日が迫っているため、受講できなかった授業は、6/26(土)から開始予定の土曜クラス・日曜クラス・平日クラスで振替が可能です。
(土曜クラス・日曜クラス・平日クラスをご参照ください)

卒業生・在校生の声…
「学ぶことがこんなに楽しかったなんて…思ってもみなかった」
「毎週がワクワクして楽しみだった」
「あっという間でなんだか名残惜しい…」
「食べ物や生活をもっと見直すきっかけになった」
「身体のことがもっと知りたくなった」「心理に興味をもった」
などなど…いただいております。
さて、そんなアストレアアロマスクールとは?どんなスクールでしょう。

■少人数制
授業は、最大6人の少人数制です。
講師との距離が近いアットホームな授業です。
少人数だから質問がいつでもできる所がGOOD!と評判です。
■駅から近い徒歩1分
最寄駅は、半蔵門線 水天宮駅より徒歩1分。雨でも傘いらずの距離!
他に、日比谷線・都営浅草線 人形町駅より徒歩4分。
東西線 茅場町駅より徒歩7分のロケーション。
■週1日で全7回の受講スピード土曜クラス・日曜クラス・平日クラスの場合です
AEAJスクール内では、最速スピード!
通常1〜2年かけてスクールに通い、
その後のカルテ審査を含むと3年はかかってしまう…
そんな悩みを解消し全コースでも6ヶ月。
試験日程に最短で間に合う各コース7回のスケジュールです。
(インストラクター学科・セラピスト学科・アロマセラピスト実技の3コース)
■受講料が安い!
都心のスクールでありながら、インストラクターコース・セラピスト学科コース共に16万円、
アロマセラピスト実技コース21万円とリーズナブル。
インストラクターコースはセラピスト学科前期コースになっています。
(入学金・授業料・テキスト・教材・認定手数料など全て含む)
■カルテ取得にレンタルルームも
試験に受かっても、カルテ取得にベッドは買えない…
レンタルルームも高いし、モデルもいなくて困った。
そんな卒業生のために、レンタルルームも受講特典の一つです!
■受講振替が可能
どうしても出席ができない場合、振替できる補講制度を設けています。
■講座日程土曜クラス・日曜クラス・平日クラスの場合です
・土曜クラス・日曜クラス・平日クラス(現在主に火曜)
…9:30〜17:00(18:00の日も有)
(平日クラスに限り、開始時間が若干遅くなることがあります)

まずは見学! 詳細、お問合せはこちらへどうぞ
アストレアアロマスクール http://www012.upp.so-net.ne.jp/astraea/
posted by メイ・シオン at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

アロマテラピー検定用講座無料モニター募集

無料モニター急募! アロマテラピー検定用講座

アロマテラピー検定用講座の、生徒役をつとめてくださる方を募集しています。

見習い講師の練習のための講座ですので、講座料は無料です。
講座はアロマテラピーインストラクター、アロマセラピスト資格を持った見習い講師が行います。
また、インストラクター講座と、アロマセラピスト講座を受け持つ講師監督のもと行いますので、内容についての心配はございません。
5月のアロマテラピー検定受験を考えていらっしゃる方いかがでしょうか?

【日時】
@4/3(土)
A4/10(土)
B4/17(土)
いずれも18時〜20時(2時間の予定)
正規講座終了後になるので、開始時間が遅れることがございます。

【場所】
東京都中央区日本橋 アストレアアロマスクール
半蔵門線水天宮1分、日比谷線・都営浅草線人形町4分、
東西線茅場町7分

【カリキュラム】
@4/3(土)
アロマテラピーとは?
精油の基礎知識
アロマテラピー利用法
安全のための注意

A4/10(土)
アロマテラピーのメカニズム
アロマテラピーのための健康学

B4/17(土)
アロマテラピーの歴史

【受講条件】
初心者向け
受講は全講座でも、単独の講座でも可
募集人数 各回2名
検定テキストをご持参ください。
検定範囲全てを含んでいません。ご注意ください。

【お申込】
お名前、ご連絡先メールアドレス、ご希望日をお知らせください。
折り返しご連絡いたします。

お問合せ、お申込はこちらのメールフォームよりお願いいたします。
http://soda.candybox.to/maysion/postmail/postmail.php
posted by メイ・シオン at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

重曹2kgが超安!

吉祥寺続きで…
そういえば先週も吉祥寺の恩恵を受けてた。
なんと!
重曹2kgで550円〜!!
100217_1608~0001.jpg
すごいぞ〜重かったぞぉ〜
またいつものように、安いからとアホみたいに買って、
ヒイヒイ言いながら持ち帰りましたとさ。
posted by メイ・シオン at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

早いけどバレンタイン

100207_2343~0001.jpg1週間早いけど来週休講だから…とアロマスクールの生徒さんから、チョコもらっちゃった〜!
しかも手作りチョコ!
北京からこちらに来て長い生徒さん。
日本語のリーディング能力はかなり高く、予習にも余念がない。
寝る時間が2時間でも完徹でも、講義に通うスゴいがんばりやさん。
3月の試験もすんなり受かってほしいな〜
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

セラピスト試験結果が

毎回のことながら、生徒さんの合否のお知らせはドキドキします。
先日、合否のお知らせをいただきました。
全員合格とはいきませんでしたが、みなさんの頑張りに頭の下がる思いです。
かくいう私もインストラクターがあまりにあっさり受かり、
期間を空けてセラピストの段階でモチベーションが下がってしまい、
何度も受けるという失敗を繰り返しました。
先を急いでいるのなら、全て一発で受かりたいところですが、
私自身、先の見通しや目標が全くなく、漠然と資格だけ取っておこう…
などと考えていたものですから、一度落ちた後はなかなか身が入りませんでした。
でも、今考えてみると、この何度も受けるというのが、
自分には必要な事だったんじゃないかと…
受験を繰り返せば繰り返すほど、何度も何度も同じことを勉強しました。
たぶん、一回で受かってしまったら、ここまで深くやることはなかったでしょう。
講師をするにあたっても、それ以上に勉強しなおしましたが、
受験の時の学習方法は全くムダではありませんでした。
合格した人はもちろんとても素晴らしい成果を収め、
今まで勉強した努力が報われた喜ばしいことです。
しかしながら、合格できなかった人も点差ではちょっとの差だったはず。
気落ちすることなく、もっと深く学ぶ機会を得られた。
「ラッキー」くらいに思ってほしいものです。
何度も受けるのは決してムダではありません。
それさえも、自分の糧にすることになるのですから。
生徒のみなさまお疲れさまでした。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

アロマスクールまだ間に合います

あるときは主婦。あるときはオフィスの派遣社員。
あるときはアロマサロンのセラピスト。あるときは心理セラピスト。
そして、あるときはホームページ制作者。
また、あるときはアロマスクールの講師。
して、実態は…
さて、7つの顔を持つ私は(イヤ、7つなかったし…(~_~;)
今回、アロマスクール講師として受講生募集いたします。
私が講師を務めるアストレアアロマスクールは、
(社)日本アロマ環境協会アロマテラピーインストラクター資格認定校、アロマセラピスト資格認定校です。(二次試験免除対象です)

卒業生・在校生の声…
「学ぶことがこんなに楽しかったなんて…思ってもみなかった」
「毎週がワクワクして楽しみだった」
「あっという間の7回でなんだか名残惜しい…」
「毎週日曜クラスがあったのが決め手だった」
「食べ物や生活をもっと見直すきっかけになった」
「身体のことがもっと知りたくなった」「心理に興味をもった」
などなど…いただいております。
さて、そんなアストレアアロマスクールとは?どんなスクールでしょう。

■少人数制
授業は、最大6人の少人数制です。
講師との距離が近いアットホームな授業です。
少人数だから質問がいつでもできる所がGOOD!と評判です。
■駅から近い徒歩1分
最寄駅は、半蔵門線 水天宮駅より徒歩1分。雨でも傘いらずの距離!
他に、日比谷線・都営浅草線 人形町駅より徒歩4分。
東西線 茅場町駅より徒歩7分のロケーション。
■週1日で全7回の受講スピード
AEAJスクール内では、最速スピード!
通常1〜2年かけてスクールに通い、
その後のカルテ審査を含むと3年はかかってしまう…
そんな悩みを解消し全コースでも6ヶ月。
試験日程に最短で間に合う各コース7回のスケジュールです。
(インストラクター学科・セラピスト学科・アロマセラピスト実技の3コース)
■受講料が安い!
都心のスクールでありながら、インストラクターコース・セラピスト学科コース共に16万円、
アロマセラピスト実技コース21万円とリーズナブル。
インストラクターコースはセラピスト学科前期コースになっています。
(入学金・授業料・テキスト・教材・認定手数料など全て含む)
■資格だけじゃない受講特典
当校は資格を取るためだけのスクールではありません。
アロマセラピーを通じて、人生をより豊かにし、健康で、美しくあってほしい…
講座受講中に無料の課外セミナーも設けています。
(幸運を呼びよせる占いセミナー、フェイシャル体験、
カウンセリングセミナー、ダイエットセミナーなど)
■カルテ取得にレンタルルームも
試験に受かっても、カルテ取得にベッドは買えない…
レンタルルームも高いし、モデルもいなくて困った。
そんな卒業生のために、レンタルルームも受講特典の一つです!
■受講振替が可能
どうしても出席ができない場合、振替できる補講制度を設けています。
■講座日程
・土曜クラス・日曜クラス・平日クラス(現在主に火曜)
…9:30〜17:00(18:00の日も有)
(平日クラスに限り、開始時間が若干遅くなることがあります)
2010年度前期のインストラクター各クラスは、
12/19(土)、12/20(日)、12/22(火)より開講です。

まだ間に合います。
詳細、お問合せはこちらへどうぞ
アストレアアロマスクール http://www012.upp.so-net.ne.jp/astraea/
posted by メイ・シオン at 01:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

バッチフラワーセミナーレベル1 その2

昨日に続き今日も朝から1日バッチセミナーです。
昨日は1日で全種類のレメディのプロフィールをやりました。
今日は他人を想定してのケーススタディがメインです。
主訴のキーワードからレメディを選びますが、それぞれのプロフィールを覚えていないのでチョイスするのが難しい…
似たような問題を抱えていても、どこがポイントになっているのかで選ぶものが変わります。
グループワークを行ないましたが複数人数でレメディを選ぶと、
着目の仕方で思いもしないレメディを選んでいたりします。
また、問題文以上の深読みをしたり、その人のストーリーを作ってしまうことにより、不要なものを選んでしまうことも。
選ぶ人の価値観がそこに反映されたりすると、正確さに欠けてきます。
何をするにも価値観というモノが関わってくるのだな…と思うと、セルフ・カウンセリングのメソッドは、本当に実生活すべてに使えるな〜と。
一見、何の関係もないこんな所で関心したりして。
レベル1は修了しましたが、次のステップには、38種ばっちり覚えないとついていけないらしいです。(^_^;)
ここで記憶術のアクティブブレイン使わなきゃな〜
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

バッチフラワーセミナーレベル1 その1

セミナー三昧の2009年末です。
今日明日とバッチフラワーレメディのレベル1です。
基礎のはじめの一歩の段階です。
参加者は16名くらいいたかな〜
今回も遠方(青森とか)からの参加者がけっこういてびっくり。
地方の人のパワーには本当に頭が下がります。
横浜あたり行ったら行き帰りで3時間かかるよね面倒〜とか、言ってたら罰が当たりそうです。
今週は、ちと体調不良で久々の胃痛におそわれ、細かな(特にオークション)作業に追われて、今朝は間に弁当作りを挟んだ3時間睡眠で出席。
が、意外に寝ないんだな。
頭は冴えてるが目が見えない。老眼、近視とも進んでいる…(@_@;)
先日行ったバッチフラワーのプルナマインターナショナルのセミナーは、ビギナーといえども、応用的な内容で興味深かった。
今回のレベル1は、そういう意味では少しもの足りないかも…
セミナーに参加するたびテキストが家にあるツン読本とカブり…いかに自分のムダ本が多いか思い知らされる。
初日は予想外にその本を読む宿題、作ったレメディを飲む宿題、ケーススタディの宿題なんか出てしまった。
家では仕事もあるからできないので、帰りにご飯を食べながら1時間で本を読破。
宇宙人夫が忘年会でいなくて助かった。
おかげで帰りの車中でブログの下書きもできたし。
さてこれから宿題と仕事で今朝よりは早く寝れるかな…?
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

バッチフラワーレメディ五行セミナー体験

先日、バッチフラワーレメディのセミナーに行った。
バッチとの出会いは、もう随分前、2001年くらいだと思う。
091115_0130~0001.jpgそして初めて使ったのが、レスキューレメディ。
当時、会社の職場が廃止になり部署の人間が全て出向させらた。
出向先でちょっとしたプチうつでかな〜り弱ってしまった。
そんな時、まるで予見していたかのように、前から予約していたバッチのビギナーセミナーがあった。
フラワーカードでレメディを選びましょうと講師に促され、はじめて38枚のカードを見た時、レスキューのカードに釘付けになり、他のカードには何も感じられなかった。
カードの意味を聞いて、はじめてそこまで自分が弱っていたのだと知った。
バッチフラワーレメディとは、花の持つエネルギーを水に転写して利用するもの。
ドクターであったバッチ博士は、病気は心と密接な関係にあり、心の治療が病気の根本治療に欠かせないと考えた。
フラワーレメディは、「類似したものは類似したものを治す」という法則の元、原料の物質が限りなく薄く希釈されたものを用いるホメオパシーの概念を元に作った。
フラワーレメディは、全部で38種類あるがそのうちの5種類をブレンドして、事故などのパニック時に適した緊急時のレメディがレスキューレメディだ。
セミナーでフラワーレメディを使ってから、たびたびレスキューレメディを使うようになった。
胃痛の時、頭痛の時、疲労困憊な時。
またレスキューレメディを皮膚に塗布できるようクリーム状にしたレスキュークリームは、やけどや皮膚炎、肌荒れ、腹痛、胃痛にはお腹に塗って利用した。
特にやけどは効果てきめんだった。
今回のセミナーで学ぶのは、レメディの様々なプロフィールを学ぶと共に、使用する人の気質を五行と関連付けて考えたものだ。
心には、人それぞれあるクセがあり、そのクセは無意識に用いている。
もし、そのクセに気づいたとしても、意識的に変化させるのは簡単なことではない。
そんな時のお手伝いになるのが、フラワーレメディだ。
このレメディに最も適した範囲の人は、人の目を気にしてしまうタイプらしい。
そっか、私自身にはさして必要ないかも(笑

講座の中で面白かったのは、陰陽のお話。
東洋思想の陰陽からみたその人の気質は、見た目で大別できるという。
例えば、陰の体質の人は不活性であるが、見た目は色白でやせ気味、首が長いなどの特徴があり、年配の男性ならカッパハゲになるタイプ。
陽の体質の人はエネルギーが充満しおり、見た目は顔色が良く丸顔、がっしりとした体格で首も太いなどの特徴があり、こちらは退行(M字)ハゲになるタイプだそうだ。
様々な健康法があるけれど、陰陽からみると、その体質をムシした健康法はその人にとって有効といえないらしい。
例えば、陰の体質の人は、水をあまり飲まない、冷え症気味、体調が低気圧にも左右される。などの特徴もあるので、毎日、水を2リットル飲むような健康法は合わないそうだ。
私自身、陰の体質なのでなるほどと思った。
水を飲みすぎると体液が溜まり、仰向けに寝てお腹を叩くとポチャポチャと音がする。また、水分排出も悪いので、口を開けると口腔内壁に歯型の跡が付いたりする。
こういう人は、水によって胃液が薄まり消化機能が低くなる。
消化機能の低さは代謝の悪さに繋がる。つまりエネルギー不足になるわけだ。
セミナーは全2回なので続きがある。次回が楽しみだ。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

アロマテラピーフェア2009-お買物編

091104_all.jpg3、4日と続けて、プランタン銀座で行われているアロマテラピーフェアに行ってきました。(昨日の続きです)
フェアの良い所は、なんといってもショップが出展することです。
ロフトや一部のアロマショップでは、何社かの精油や商品を扱っていますが、普段は各店に行って商品を吟味したり、精油の試香をしたりしなければなりません。
けれども、フェアや会員の集い(毎年3月開催)では、一箇所で何店舗も比べることができるのです。そしてさらにセール価格になっていたり、AEAJ会員割引(10%)にもなっています。
今回は、珍しい精油に触れるをテーマにゲットしてきました。
まずは、ボタニカルズAnaly%(アナリュテージ)をゲット。
ボタニカルズはハーブのお店として有名ですが、精油を扱っていたとは知りませんでした。
分析表も付けており、詰める時、酸化を防ぐため脱酸素し窒素を充填しているそう…ドロッパーも使うときに装着するようになっていました。
随分と種類が豊富で70種類くらいあるそうでしたが、そのうちのあまり出ない(人気薄)商品は、廃番になるそうです。
中でもこれは!?と思い購入したのがコリアンダー。
コリアンダーは、ハーブ系なので施術や化粧品にという汎用性が低く、今までアロマ心理のために揃えてはありましたが、未だ開封せずの状態…
しかし、試香してびっくり!なんという甘さなのでしょう〜!
私の好きなリナロール系満載です。コリアンダーってこんなだっけ?と思い他社と比べましたが、ここのは全然違います。
分析表を見るとリナロール68.9 そしてリナリルオキサイドも入ってます。甘さの秘密は他にも酢酸ゲラニル、ゲラニオール、リモネンといったところでしょうか。

それから、南仏プロヴァンスのオーガニックにこだわったFlorame(フローラム)
こちらもものすごい種類数でした。あまり取扱のないセロリもありましたが、前から是非とも試したかったレモンの水蒸気蒸留を発見。
(マンダリンも蒸留がありました)
こちらも成分表はありますが、HPで開示している方式です。
そして、購入者へのプレゼントで、パチュリのソープもゲット!

それから昔、ちょっと興味を持ったフレグラントアースへ。
こちらも数は多く100種ほどだそうです。
名前から既に体を表している、ネロリーナ(Melaleuca quinquinervia)を買おうと前日決めていましたが、残念ながら売り切れでした。
がっかり…またセールなどで出会った時までおあずけです。

お買物編ではないのですが、珍しいという点でスエレさんの施術体験をしました。
施術が珍しいのではなく、こちらで使用する精油がヴィアロームであるということ。
精油と厳密に言えるかわかりませんが、症状別のフリクションオイル(精油のブレンド)というのがあって、これは原液塗布可だというのです。
(この考え方はフランスやベルギーなどで行なわれる、メディカルアロマの流れをくむものです)
この点の疑問が以前からあったので、その説明を聞きさらに施術も体験してみました。
お話によると、複数の精油を、ある比率にブレンドすることによって、シナジー効果が生まれ、原液でも高濃度による被害を防止するようになっているそうです。その比率は、企業秘密…
施術は、始めにこのフリクションオイルを塗布し、トリートメントはキャリアオイルのみで行なうものでした。なるほど〜
ヴィアロームフリクションオイルは、量が多めで(15ml)高額なので買いませんでしたが、複数ブレンドということを考えれば、その分だけ精油を揃えるのを考えたら、全体の金額はさして変わらないのかもしれません。

091104_L.jpgそして、アロマラボでは、酸化対策に考え抜かれた、オリーブスクワランとハイブリッドヒマワリをミックスしたプランツオイルを。
それから、細粒のせっけん素地もゲットしました。
そして、オマケ。帰りに寄ったイタリアンでまつたけを購入?
実はティッシュで作ったニセモノ!
ユニセフ募金20円でゲットです。
posted by メイ・シオン at 04:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

アロマテラピーフェア2009-セミナー編

3、4日と続けて、プランタン銀座で行われているアロマテラピーフェアに行ってきました。昨日の続きです。
今回は勉強のためにセミナーにも参加しました。
アロマを始めた頃は、細かいセミナーにずい分と参加していました。久しぶりなのでワクワクします。
自分が提供する立場になり人数が増える程、受講者にとっての講義になっているか?講師の都合に合わせた独りよがりになっていないか?ということをずっと気にかけていました。
ですから今回は、他の人の講義を勉強するためでもあります。
091103_S1.jpg参加した1つ目はハーブチンキを作るセミナーです。
ハーブチンキとは、ハーブをアルコールに浸け、有効成分を抽出した液体です。
春に友人のハーブ園に行き、もらってきたハーブで本を頼りにチンキを作りました。
その時は、フレッシュ(生)ハーブを使いましたが、フレッシュとドライとでは、抽出できる成分が違い、フレッシュは水分があるため劣化も激しいそうです。
用意されたドライハーブはエキナセア、エルダー、カモミール、ペパーミントと4種で風邪対策のラインナップです。
私はエキナセアとカモミールはあるので、あまり手にしないエルダーにしました。
ジャム瓶にハーブを入れ、そこにウォッカを注ぎます。
浸けてから2週間、毎日振ってハーブを濾し、遮光スポイトに入れたら出来上がりです。

091104_S2.jpg2つ目のセミナーは、お花の練香(ソリッドパフューム)です。
お花から採る精油は、香りの変質が激しいことから、昔は熱を加えない冷浸法(アンフルラージュ)という方法で抽出されていました。
冷浸法は、脂が香りを吸着する性質を利用し牛脂や豚脂に花の香を移し、その脂をアルコールで溶かし抽出する方法です。
今回は、この方法を応用し、お花の香りをシアーバターに移し採り、練り香を作ります。
シアーバターは、劣化しない代表のような植物油脂です。
アフリカでは、強い日差しと乾燥から肌を守る化粧品にしたり、万能薬のように使われ食品としても使われます。
通常はガラス板に脂をつけますが、ミニセミナーの為、ジャム瓶を利用し、瓶の中にシアーバターを塗っていきます。
均等に平らに塗るより波打ったように塗り、香りが吸着する表面積を増やすのがポイントだそうです。
畝を作って表面積を増やすのは小腸と同じですね。
シアーを塗った瓶に、お茶袋で包んだドライハーブのローズピンクを入れます。
生のお花を使う場合、腐ってしまうので毎日お花を新たにしますが、今回はドライなので1日置けば出来上がりです。
どちらのセミナーもとても楽しめました。
そして思ったのが、自分がやって楽しいこと、ワクワクすることを、たくさんの人に知らせたい思いが、講師の原動力になっていること。
そしてそれは、誰でも、どんなベテラン講師でも同じだということです。
091104_S2-2.jpg練香の講師は、AEAJでは有名な山本淑子さんでした。
先生は美容業界からの転身だそうなので、私のような健康オタクとは嗜好が違います。
しかし、自分のやりたいことにこだわりを持つオタク道は、同じなのだなぁと聞き入ってしまいました。
今まで、誰も手を出さなかったアンフルラージュの抽出器をご自分で作ったそうです。
アンフルラージュ用装置のミニチュア版が商品化されていました。
木枠に北山杉を使い、釘を使わずはめ込み式にするというこだわりよう…スゴイですね。
このキットを買うと材料のお花は後日、生花が送られてくるそうです。
こだわるなぁ〜
続きはまた後日、お買物編です。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

アロマテラピーフェア2009へ

091103_1.jpg3、4日と続けて、プランタン銀座で行われているアロマテラピーフェアに行ってきました。
フェアに行くのは久々です。
3日はセミナーを一つ受け、お店を一通り物色。
4時ころからすごい混雑になりました。
後でわかったことですが、別の会場でやっていたトークショーが終わった客が流れ込んできたからのようです。
売り場をウロウロしていたら、協会の役員さんたちがチラホラ…
ありゃりゃ…顔を覚えられてないだろうけど、ここであまり顔を見られたくないな。。。
レジも行列になっているし買物は明日にして、とこっそりと退散して1F入口の蒸留のデモンストレーションに向いました。
蒸留器はこんなかんじで、今回はドライからラベンダーの精油を採ります。
お湯が沸くまでかなり時間を要しましたが沸いてくるとだんだんと水色が変わってきました。
091103_2.jpg 091103_3.jpg 091103_4.jpg
段々と沸騰し、冷却のための水が温まってしまうとストップしてしまうので、途中で冷却水を交換したりして、上澄みに精油、下にフローラルウォーターができました。
091103_5.jpg 091103_6.jpg 091103_7.jpg
ムービーが見られる方は、こちらをどうぞ

この時の周りにいた人たちは、皆ラベンダーの蒸留にカメラをバチバチ…
蒸留器がスターのようで、思わず「まるでスターだね〜」と口走りそうになり、一人笑いをこらえるのに必死でした。
お買物編とセミナー編は後日のつづき…
フェアは明日までです。
「アロマテラピーフェア2009」のページへ
http://aromakankyo.or.jp/aromaday/aromaday_2009.html
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

インストラクター合格のお便り

先日、アロマテラピーインストラクターに合格した生徒さんから、
合格報告のお便りをいただきました。
とてもステキなお花のハガキ…ぴかぴか(新しい)
小さな文字でたくさんの思いが綴られたハガキを見て、
「あ〜先生をやってよかった…」と思いました。
数年前、人生の岐路に立ち「このままサラリーマンでいいのか…」と
悩んだ末、収入の安定したサラリーマンを辞めました。
もし、あの時「やはり辞められない…」と思ったとしたら、
この思いを味わうことができなかったんだなーと。
少人数制のアストレア アロマスクールでは、
先生と生徒さんの距離がとても近いのです。
距離が近いと、生徒さん一人一人を相手に講義していると感じます。
私が出会う事ができる生徒さんとは、短い人でたったの7日、長くても14日のお付合いです。
もし、サラリーマンのままだったら、こんなにたくさんの人と出会うことはなかったでしょう。
それに「合格してよかった〜」という思いを、共に喜ぶこともなかったでしょう。
ほんの短い期間でも、ここで出会えた偶然。
そして、ほんの少しでも生徒さんに種を蒔くことができる幸せ。
生徒さんの学びを見ながら、私も学んでいくことができる。
そして、それをステップに次に繋げていくことができる。
生徒さんたちが、また他の人に種を蒔いてくれる。
そういう循環で社会が回っていくのだな…と。

生徒さんからは、いつも「ありがとうございました」と言われますが、
ありがたいのは、本当は私の方なのです。
自分の好きなことをして、他の人の役にたつことができるのですから。
嬉しい気持ちを運んでくれたおたよりで、
また次の授業の準備のための元気をもらいました。
ありがとう〜
posted by メイ・シオン at 00:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

11/3はアロマの日-イベント

11/3はアロマの日
AEAJ (社)アロマ環境協会が、Aromatherapyを「日本の文化」のひとつとして定着させる願いをこめて、「文化の日」にあたる11月3日を「アロマの日」と制定いたしました。
毎年、この日の前後、1週間にイベントが行なわれています。
10/30〜11/5にかけて東京は、プランタン銀座で「アロマテラピーフェア2009」か行なわれます。
アロマテラピー関連商品販売、各種アロマテラピーセミナー、特設アロマサロンが開設され、一度にアロマテラピーに触れる良いチャンスです。
アロマテラピー関連商品販売は、何社もの出店があるので、1箇所で色んな会社の商品を比べるチャンスです。
特設アロマサロンでは特別価格でのトリートメントが受けられます。
セミナーは事前予約が必要です。
また、AEAJ会員には特典があり、本館7Fエスパース・プランタン(催物会場)の協会ブースにて、2009年度AEAJ会員カードをご呈示すると、フェア期間中会場内でのみ使用可能な割引パスポートが発行されます。(一部対象外商品有り。)
パスポートをお会計の前にレジにてご呈示すると、対象商品が10%OFFに!
詳しくは、以下のページへどうぞ
AEAJホームページへ
http://aromakankyo.or.jp/aromaday/index.html
「アロマテラピーフェア2009」のページへ
http://aromakankyo.or.jp/aromaday/aromaday_2009.html
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

試験に合格するためには

先日、スクール受講者のアロマセラピーインストラクターの合否のお知らせがありました。
いつも結果が出るまでヒヤヒヤものですが、今回もお知らせを聞くまで落ち着きませんでした。
合否の違いというのを考えてみましたが、受講からブランクができてしまう場合はやはり難しいのかもしれないということ。
一端、受講が終わってしまうと、日頃使わない知識なので離れてしまいます。
忘れないようにコンスタンスに、無理矢理でも受講中のようにその知識に触れている方が、モチベーションも保たれるのです。
受講が終わって半年や1年も空いてしまったりすると、モチベーションを維持するのが難しくなってしまいます。
私自身、インストラクターがあまりにあっけなく受かってしまったので、その後、セラピストの勉強に身が入らずにいました。
そして、3度目の正直でやっと合格…既に受講後から丸一年経っていました。
その後、カルテ審査のためのカルテを本気で取り出したので、セラピスト受講から合格するまで2年位費やしたことになります。
そうやって考えると、アストレアアロマスクールの生徒さんの合格スピードはやはり速い。
インスト合格のお知らせ時期に、セラピストのカルテ審査を通過し、無事セラピスト資格を取得できた生徒さんからも、資格証が届いたとご報告をいただきました。
全て1発合格でカルテも最速で取ってしまった生徒さんは、1年数ヶ月でセラピストまで取得できています。
仕事をしながら受講している方がほとんどなので、実際そういうのが可能なのかな…と思っていました。
けれども、お互いがんばろうとする生徒さん同士の仲間がいれば、モチベーションも保たれて行くのだなぁ…という気がします。
何かをしながらの勉強というのは、生活サイクルからみても、とても苦労の多いことだと思います。
しかし、人生が80年近くあるとすれば、その1年なんてほんの少しの間です。
長い人生、ちょっとだけ無理をして、がむしゃらにやる時期があったって良いんじゃないかな。
自分のことを振り返っても、そんなことを感じました。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

アロマ講座が修了して

6月の終りから始まったインストラクター、そしてセラピストの講座がひと段落しました。
たった14回ですが、朝から夕方までの講座は体力と気力の勝負です。
週に3回あるとさすがにしんどいです。。。
ハードさを考えると早く終わって欲しいと思うのですが、もう生徒さんと一緒の時を過ごせないかと思うと寂しい気持ちです。
私は、生徒さんたちに、毎回楽しく学んでいただくことをモットーに授業作りをします。
生徒さんは、アロマが好きだから学びに来るわけですが、試験のためでもあるので自分にとって得手、不得手な部分が必ずあります。
例えば、化学というだけで苦手意識をもってしまうと、頭には入ってこないのです。
苦手=不快 なので、脳が拒絶してしまうからです。
ですから、苦手意識や嫌いだと思う意識を変えていく必要があります。
内容が何であっても、それが自分にとって関係があると興味が湧いてきます。
解剖生理学にしても、化学や健康学にしても、自分の体の中で起こっていることであったりすれば、自分とは無関係でないことがわかります。
私は特に解剖生理学が好きで、自分の身体の中で起こっている物語りだと思うととてもドラマティックに思えるのです。
ですから、それらの仕組みをなるべくリアルに想像できるよう心がけています。
毎回、生徒さんたちは新しいことを学びますが、それが簡単に楽しく思えれば、自然と苦手意識がなくなり興味を持つようになります。
教えることが楽しいと意識すれば、それも自ずと生徒さんにも伝わります。
そうすると、生徒さんも学ぶことが楽しくなるのです。
中学校時代のの理科の先生で、植物の話になると突然目の色が変わって、イキイキとする先生がいました。
見た目はダメおやじそっくりで口うるさかったので、人気のある先生ではありませんでしたが、近くにある多摩川の自然の話になると、皆、先生の話に聞き入っていました。
その後、その先生は、多摩川の自然を守る活動をしていたようでした。
先生業を始めてから、あの先生の気持ちがわかった気がします。
まだまだ納得のいく授業ができているわけではありません。
また、次に向けて試行錯誤の日々ですが、試験に関係なく、自分が生きていくのに何か一つでも「活きる学び」であってほしい。
毎回、生徒さんと別れる時、試験の合格と共に、そんなことを祈るのでした。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

カネボウインジェニエ-Ingenue-

090918_2236~0001.jpgカネボウインジェニエ-Ingenue-
私が好きなフレグランスのうち一番のお気に入り。
ところが、15年位前に廃番になってしまった。
それからというもの、町の古そうな化粧品店を見つけると覗いてみたりした。
それでも見つけられたのはたった1つ…
最近では、もっぱらネットオークションでゲットしている。
今日、また一つ手に入れる事ができた。
オークションは本当に便利だ。そしてエコだと思う。
きっといらなくなった香水など、使いかけだったらたんすのこやしか、ゴミ箱行きだったと思う。
でも、使いかけですら欲しい私のような者がいるのだから、その人の手に渡る方がモノとして天寿を全うできる。
そんなこんなで、難しいと思われた廃番商品のコレクションが既に5本となった。
今までゲットしそこねたのは、オークションの競りに負けたたったの1本。
持っている5本のうち1本は、今使用中のものでもうじきなくなる。
中には劣化が激しいものや少量しかなかったものもあるけれど、もう2度と再現されないフレグランスかと思うと、そのほんの残り香さえ取っておきたいと思ってしまう。
調香は、調香師で香料の元があれば再現できるらしい。
だが、それはご法度のようなのだ。
以前通ったフレグランススクールで、名前すらわからない30年以上前に持っていたフレグランスを再現したいと頼んだら「そういうことはできない事になっている」と断られた。
個人的に作ることならいいらしいのだが…
しかし、全く同じものを作るのは難しく、香りを作る際、会社は独自のベースノートを持っていて、それを元に色々な展開をするらしい。
だからカネボウにはカネボウらしさという香調があって、日本の風土に合った和のテイストを持つインジェニエは、再現することができないのだ。
インジェニエが手に入らない頃、同じカネボウのアンドゥミルを使っていた。
インジェニエが発売中止になった後に発売されたものだ。
「ピンクグレープフルーツの爽やかさと甘さ」というふれこみだったが、これのベースがインジェニエに共通する。
カネボウ絹石けんや「きぬ」という名がついたシャンプーも同じだと思う。(シャンプーは記憶が曖昧だが…)
地道にコレクションしているインジェニエだが、年月が経てば経つほど劣化し、そして持っている人も物もなくなる運命だろう。
カネボウらしさを誇る名香ともいうべき「絹」をもっと軽快にしたインジェニエ。
フレグランスのブームはバブル崩壊とともに鎮火して、現在は香調も変わらない深みのないフルーティーなものばかりが好まれる。
ユーザーがいなければ、商品として成り立たないというのはわかるけれど、素晴らしい作品がなくなってしまうのは本当に寂しい。
カネボウさん、期間限定でもいいから、古くからの名香まつりなんかをやってくれたらいいのになぁ〜
posted by メイ・シオン at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

講座が一つ終わって…

また1クールアロマ講座が終了しました。
講座は、毎回週1日で全7回という超スピードで進んでいきます。
生徒さん達が、このアストレア アロマスクールを選ぶのは、講座のスケジュールが現代の人達のニーズに合っているからのようです。
毎週数時間で1年以上通い、その後、試験を受け、合格したらカルテに取りかかり、カルテを提出してやっと資格取得。
こういったスケジュールでいくと、普通は2年位かかってしまうのです。
もし、試験を合格しないと資格取得はさらに先に…
人生設計を描いた時、この先、何年もかかってしまうのでは、モチベーションを保つのも難しくなります。
もし、人生の転換を考えていたとしたら、その第一歩である資格取得だけで、そんなに時間を費やす事ができないと思ってしまうのは当然でしょう。
速い事が良いというわけではありません。
時間をかけてじっくりと学ぶことも必要だと思います。
しかし、資格取得はその第一歩でしかありません。
資格を取ったその先の方がずっと長いので、そこに時間を費やした方がより向上できるのではないかと思います。
人生の中盤を過ぎ、もっと早くに人生転換をしていれば…と、踏み切れなかった過去を悔やむ時があります。
そこには、今の状況が不満であっても、それを誤魔化して楽な方に歩んでしまった自分の弱さが見えてきます。
漠然と生活するお金だけに執着して、サラリーマンを続けてきました。
その時はそれはそれで大変な思いをしてきましたが、脱サラをした現在の方が、寝る時間もなく忙しく、サラリーマン時代の比ではありません。
何もかも、自分だけが頼りのフリーランスは、生活の全てが仕事のようなものです。
けれども、最近思うのです。
フリーになったこの数年の大変さなど、一生から見たらほんのちっぽけなこと。
人生が70〜80年だとしたら、何分の一の出来事でしかないのだと。
そのちょっとの間の大変さがあって、大きな次のステップに行けるのではないだろうか…と。

また今週から新たなステップの講座が始まります。
さて、そのための仕事に取りかかるとしましょうか。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

カルテ審査通過の嬉しいお知らせ

セラピストカルテまで修了した生徒さんから、合格のお知らせが届きました。
思えば、バタバタと間に合わせるように講座をしていた昨年、こんなに速く、全て修了する方が出るとは思いもしませんでした。
私が講師を務めるアストレア アロマスクールは、1クール7回で修了という、最速最短で資格取得を目指すことができるカリキュラムです。
けれども、最速最短でできるか否かは、生徒さん次第。
卒業後の生徒さんが、どれだけ努力を重ねるかにかかっているからです。
ですからこんなに早くに、スクール通学からたった1年でカルテ合格にまでこぎつける生徒さんが、出るなどと思ってもいませんでした。
しかも、普通に会社員をしながらのカルテ作業を、凄いピッチで仕上げていくとは…
本当にうちに来る生徒さんはモチベーションが高いなぁ。
私が生徒だった時など、特別な欲もなくダラダラでしたからね。

自分が知ったことを、できるだけ多くの人に知らせたい。
知るということが、こんなに楽しいという事を伝えたい。
それだけで走ってきたけれど、その思いが生徒さんの目的達成によって、結果となって返ってくるのが何よりも嬉しいです。
教えるという私の蒔いた種が、生徒さんの努力によって花を咲かせる。
私もそれによって、さらに成長していく。
そういう相互的な人と人の営みで、社会の全てが回っていくのでしょう。
先生になって本当によかった。
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

生徒さん全員合格!

私が講師をさせていただいているアストレアアロマスクールでは、
先週あたりから、ちょこちょこと合格のお知らせが届いていました。
それは、アロマ環境協会のインストラクター試験合格のお知らせです。
今回の発表は、予想より早かったのでちょっと意外でした。
今回試験を受けたのは8名。
みなさんほとんどが仕事をしながら通学と試験勉強で、さぞ大変だった事でしょう。
試験前から体調を崩されたり、トラブルに見舞われたりした方がいたにも関わらず、なんと全員合格〜!!
本当に嬉しい〜exclamation×2
みなさんが一生懸命勉強していたのがわかっていただけに、絶対合格と思っていましたが、それを試験で活かせるとは限らないので、やはりドキドキしていました。
生徒さんの絶対合格100%の鉄板は継続中〜
優秀な生徒さんに恵まれてなんとラッキーなのでしょう。
今週で私の講義も一休み。
次期講座の準備とサロンの仕事にも身をいれねば〜
posted by メイ・シオン at 00:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする